冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点を解説

冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点を解説 ショッピング
冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点を解説

年末年始といえば、カニ。おいしいカニ料理で楽しく過ごしたいですよね。

通販で冷凍カニを選ぶとき「中身がスカスカで心配」と思う人も多いのではないでしょうか?できれば、中身がギッシリつまった冷凍カニを選びたいですよね。

そのようなお悩みをお持ちの方のために、今回は冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点を解説と題して、

✅冷凍カニはスカスカ?口コミ情報まとめ
✅脱皮したばかりのカニはスカスカ?冷凍カニを選ぶポイント
✅冷凍カニの調理方法を間違えるとスカスカになる?
✅冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点のまとめ

についてご紹介します。

 

カニ選びで失敗したくない方は、品質の高さや手頃な価格のかに本館がおすすめです!

\ネットショップ大賞12年連続1位/

かに本館  

 

 

冷凍カニはスカスカ?口コミ情報まとめ

冷凍カニは中身がなく、スカスカのものしかないのでしょうか?

そこで、冷凍カニの口コミ情報について見ていきましょう。

 

冷凍カニはスカスカだったという口コミ

SNSで冷凍カニの口コミについて調べると、中身がスカスカだったという情報があります。

 

 

 

 

 

他にも、

「ネットサイトの身がギッシリつまった写真を見て冷凍カニを注文。しかし、実際に届いた冷凍カニはスカスカ。業者の対応が悪く、腹を立てた」

というような口コミもありました。

 

冷凍カニは中身がつまっていたという口コミ

一方、冷凍カニはスカスカではなく中身がつまっていたという口コミ情報もあります。

 

 

 

 

 

口コミには、

「スーパーで買った冷凍カニは、スカスカじゃなかった」

「コストコで買った冷凍カニは、スカスカじゃなかった」

「冷凍カニはスカスカじゃなかった」

という声があります。

 

 

脱皮したばかりのカニはスカスカ?冷凍カニを選ぶポイント

おいしい冷凍カニを選ぶためにも、スカスカではなくしっかり中身がつまったカニを選びたいですよね。

そこでスカスカのカニを見極め、中身がしっかりつまった上手なカニの選び方についてご紹介します。

 

脱皮したカニは中身がスカスカ

カニは脱皮を繰り返す生き物です。脱皮したばかりのカニは体力を使い、中身がスカスカの状態になっています。

そのため見た目は大きいのに、手にして持ってみると「軽い」という状態になるのが特徴です。

 

カニの種類によって脱皮する時期が異なる

カニによって個体差はあるものの、種類によって脱皮する時期が異なっています。

タラバガニは11月ごろから脱皮を始めます。そのため脱皮する前の9月~10月ごろか、脱皮して時間が経った5月ごろに中身がギッシリつまっている可能性が高いといわれています。

毛ガニは1年間を通して日本のいずれかの地域で水揚げされているので、いつでも美味しく楽しむことができるそうです。

オスのズワイガニは9月~10月ごろに脱皮するといわれ、メスのズワイガニは親ガニになると脱皮しなくなるといわれています。

 

中身がギッシリつまったカニを選ぶポイント

冷凍カニを選ぶとき、スカスカではなく中身がギッシリつまったカニを選びたいですよね。

そこで、上手にカニを選ぶためのポイントをご紹介します。

 

見た目が悪いカニ

脱皮して時間が経ったカニは、身がギッシリつまった状態です。

もしフジツボやカニビル(黒いブツブツみたいなもの)などが付着しているカニは見た目は悪いものの、それは脱皮していない証拠。身がギッシリつまったカニといえます。

 

指で感触を調べてみる

カニの甲羅を指で押したとき柔らかかったりプニプニした感触があるれば、中身がスカスカの可能性が高いといえます。

また足の太い部分をつまんだときにスカスカだった場合は、身がつまっていないカニである可能性が高いといえます。

 

 

冷凍カニの調理方法を間違えるとスカスカになる?

せっかく中身がつまった冷凍カニでも、調理方法を間違えてしまうと中身がスカスカになってしまします。

そこで、冷凍カニの調理方法で気をつけたいポイントについてご紹介します。

 

凍ったままの冷凍カニをゆでるのはNG

カニの調理方法で気をつけたいことは、凍ったままの冷凍ガニをそのままゆでてしまうことです。

凍った冷凍ガニをそのままゆでてしまうと細胞膜が破壊されてうまみがなくなってしまい、中身がスカスカになってしまいます。

解凍する場合は、冷蔵庫で一日~一日半かけて自然解凍をします。そうすればカニの細胞膜を破壊しないので、中身がスカスカになるのを防ぐことができます。

 

また冷凍カニを購入した場合は正しい調理方法が記載されているはずなので、その手順通りにしましょう。

 

ボイル冷凍カニを鍋にするとスカスカになる

ボイル冷凍カニは、一度ゆでられています。そのため、カニ鍋にすると熱の入りすぎでうまみが逃げてしまい、中身がスカスカの状態になってしまいます。

ボイル冷凍カニはそのままで食べるか、一瞬温めて食べるのがベストです。

 

 

カニの購入はかに本館がおすすめ

できれば、中身がギッシリつまったカニを食べたいですよね。しかし、詳しい知識がなければ中身スカスカの冷凍カニを選んでしまうかもしれません。

そんな方におすすめしたいのは、ネット通販かに本館です。

 

\ネットショップ大賞12年連続1位/

 かに本館

 

かに本館は、ネットショップ大賞12年連続1位。かにの老舗サイトです。

市場に出回っているカニは粗悪品が多いものの、かに本館では社長自ら現地で品質を厳しくチェック。

問題のないカニのみを買い付け、品質の高さや手頃な価格でおいしいカニを販売しています。

ケン
ケン

中身スカスカの冷凍カニで失敗したくない方は、かに本館がおすすめです

 

< かに本館でおすすめのカニをチェック >

かに本館

 

 

冷凍カニは中身スカスカ?カニ選びのポイントや注意点のまとめ

冷凍カニは中身スカスカという口コミ情報についてや、カニ選びのポイントと注意点についてまとめました。

口コミ情報によると、冷凍カニはスカスカという声や中身がつまっているという声があります。

脱皮したばかりのカニは中身がスカスカの可能性があります。

中身がつまった冷凍カニも調理方法を間違えてしまうと、スカスカになってしまうので注意しましょう。

中身がつまっているカニを選ぶなら、品質の高さや手頃な価格のかに本館がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました