『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の中身と発売日などについてご紹介

商品

集英社から2月4日(木)に鬼滅の刃の初原作画集となる『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集―幾星霜―が発売されます。

今回は、『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の内容や評判などについてご紹介します。

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の表紙イラスト

表紙は竈門炭治郎、裏表紙は竈門禰豆子のかわいらしいイラストになっています。

 

 

集英社より引用

 

 

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の内容について

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の内容は、次の通りです。

──『鬼滅の刃』掲載イラスト全収録──
炭治郎と禰豆子の道のりを
絵図で辿る
初の画集
本画集限定
●完全描き下ろしカバー&両面ポスター
●描き下ろし&未発表モノクロイラスト十五点
●作家自らによるイラスト説明コメント

集英社より引用

 

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の発売日と値段などについて

・発売日:2021年2月4日(木)

・値段 :1,500円(税別)

・全160ページ/A4判サイズ

になります。

 

ネット書店では、

amazon

・Rakutenブックス

・7net shopping

・TSUTAYA

・honto

・紀伊國屋書店

・www.yodobashi.com

・e-hon

・Honya Club

・HMV&BOOKS

で購入することができます。

 

 

 

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の試し読みができる

鬼滅の刃ファンブック2を購入しようか迷っている方は、試し読みをおすすめします。

鬼滅の刃ファンブック2は、こちらの試し読みからできます。

 

 

『鬼滅の刃』画集-幾星霜-の評判と感想レビューについて

最後に、評価と感想レビューについてご紹介します。

 

買って絶対正解。

まだ見てない方も大勢いると思うので一言だけ。素晴らしい。本当に。

amazonより引用

 

原作を愛する全ての人達への最高の贈り物

もうぅ、最っっっ高です!

定価1500円(税抜き)とは思えない程のボリュームとクオリティ!
大きな版型で見るカラーイラストで鼻血ブー。血圧も上昇。
どのイラストも、思わずガン見してしまう程の熱量ハンパないです。
モノクロイラストも手抜きが一切無く、印刷が良いのか、線がくっきりしてて美しい。
やはり、『鬼滅の刃』は凄い。ぶっ飛んでいる。他の追随を許さない唯一無二の漫画。
今まで、膨大な量の漫画を読んできたけれど、こんなに高揚感、そして興奮を感じる
作品は、オールタイムベストワン『鬼滅の刃』だけです。

とにかく、この画集は、
原作を愛する全ての人達への、吾峠呼世晴先生からの最高の贈り物です。
吾峠先生、ありがとう!

amazonより引用

 

実質タダでは。

コミックスの3倍近いサイズ。
これでもかっていうくらいたくさんのカラーページ。
いやこれもう公式からきちんと定価で買ってれば1600円だっけ?安すぎん?
そんなの実質タダでは。
最高。
絶対増刷されるだろうし、高値の転売には手を出さないようにね。
無惨様とお約束だよ!

大きなお世話だけど、配送に対する不満はアマゾンのカスタマーサービスにね!
レビューで不満ぶちまけて作品の星減らしてもなんにも改善されないよ!!

amazonより引用

 

素晴らしいクオリティで原作画を堪能できる一冊

週刊誌の紙質、コミックスのサイズとモノクロでは味わえない原画の素晴らしさを存分に味わえます。線一本一本のリアリティと塗りの発色が素晴らしい。ページを開いた途端から迫力に圧倒され、一瞬で魅了されました。
漫画家の描く画とはそれすなわち職人の業です。これは芸術品です。文字通り、原作ファンはマストバイです。

amazonより引用

 

5つ星のうち5.0 待ちに待った珠玉の画集「幾星霜」、ようやく手元に゜゜(‘O`)°゜

私は去年の6月にアニメを、つづいて原作を一気観して脳天に稲妻を受けた人間です。多角的な衝撃でした。戦いのスピード感や間の手的に入るお笑いのセンス、そして何より、絵の素朴さ、あたたかさに惹かれたのでした。

吾峠呼世晴先生の絵は、特にカラーの絵は、柔和な雰囲気を纏っていてとてもほっとします。柔和な、と表現しましたが、複雑にグラデーションのかかる、奥深い形容となります。語彙が足りなくて申し訳ないですが、単純に言うと、優しさのなかにある厳しさ。厳しさのなかにある愛情、とでもなりますしょうか(実際はもっと複雑な形容となります)。特に、炭治郎のイラストにそれは顕著です。

炭焼きという仕事は(しかも大正時代という時代を考えれば)重労働甚だしく、心身ともに過酷な家業であったでしょう。山の生活の厳しさから培われた肉体や精神に歪みはまったくなく、寧ろ朗らか、快活でさえある炭治郎の、その「(生活における)歪みのなさ」さえ絵の奥深くに反映することのできる先生を、心の底から凄いと思います。だから、この子いい子だなぁ、と読者は素直に感じることができるのでしょう。

「幾星霜」、本当によかったです。項を繰りながら、物語が、走馬灯のように目の前に流れ、凄惨な戦いの只中から、鬼のいない平な世の中に融合していく。夜明けの光が眩しくなるにつれて胸の高鳴りとともに涙が溢れてきました。鬼滅ファンの皆様方、機会があるならば是非、この画集をお手に取り、彼らの末長い幸せを共に感じていただけたら僥倖でございます。

追記 ただ、悲しいことに、Amazonの配達員様が郵便受けにぎゅうぎゅう押し込んでいかれたため、本の上部が潰れたようになっていました。玄関指定したのにな(。・’_`・。)

amazonより引用

 

ああ、買って良かったなあ

中身はコミックスやジャンプで掲載された画集と未発表の画が詰まったものです。本の大きさも良いし、やっぱりこうしてゆっくり一片に眺められるのが本の良い所ですね。鬼滅の刃ファンならおススメしたいです。私は未発表画の、密璃、しのぶ、カナヲ、禰豆子の集合ビキニ画と、伊之助がアオイちゃんを肩車して、アオイちゃんが満面の笑みを浮かべてる画が大好きです!これ、本の感想ですし画像を載せてませんからお許しを。これ以上は是非ご購入してご覧下さい!

amazonより引用

 

amazonで購入する

コメント

タイトルとURLをコピーしました