漫画家・青山剛昌の自宅は豪邸で年収や印税はいくら?資産についても

漫画家・青山剛昌の自宅は豪邸で年収や印税はいくら?資産についても マンガ家
漫画家・青山剛昌の自宅は豪邸で年収や印税はいくら?資産についても

名探偵コナンのコミックは100巻を超え、コミックの発行部数は2億5000万部を突破しています。

その名探偵コナンの作者は、漫画家の青山剛昌。名探偵コナンはコミックだけではなく、アニメや映画でも大人気作品です。

漫画家・青山剛昌先生の自宅は豪邸だとうわさされていますが、どんな自宅なのでしょうか?また印税や年収はいくらで、資産はどのくらいになるのか気になります。

今回は漫画家・青山剛昌先生の自宅が豪邸といううわさについてや、印税や年収と資産がいくらになるのかについてまとめました。

 

 

漫画家・青山剛昌の自宅は豪邸?

漫画家・青山剛昌先生の自宅が豪邸だとうわさされていますが、場所はどこにあるのでしょうか?

また、青山剛昌先生の出身地・鳥取県にあるコナンの家 米花商店街についてもご紹介します。

 

漫画家・青山剛昌の自宅マンショの場所と室内の様子

漫画家・青山剛昌先生の自宅の様子は、2017年4月18日にテレビで一般公開されました。

自宅の場所は、都内にあるタワーマンション。やっぱり、自宅は豪邸のようです。

 

自宅のクーラーが故障したエピソードもあります。

 

 

自宅には仕事用の資料もずらりと並び、タブレットも使用しているみたいです。

 

自宅には、ルパンのフィギュアが沢山ならんでいます。

 

 

アシスタントは、常に6人。アシスタントが寝泊りできるように、自宅には二段ベッドも準備されています。

また、青山剛昌先生を応援する人気漫画家のイラストサインやコナンのグッズも自宅に並んでいます!

 

コナンの家 米花商店街

 

 

漫画家・青山剛昌先生の出身地である鳥取県には、青山剛昌ふるさと館から歩いて10分の場所にコナンの家 米花商店街があります。

コナンの家 米花商店街には、

工藤邸前

喫茶ポアロ

CONAN GELATO

CONAN’S Kitchen

コナン百貨店

などの施設で楽しむことができます。

 

漫画家・青山剛昌の印税や年収はいくら?

人気漫画家の青山剛昌先生。気になるのは、やはり印税や年収の金額。

青山剛昌先生は名探偵コナンで儲かっていると思いますが、印税や年収はいくらになるのでしょうか?

そこで、青山剛昌先生の印税や年収がいくらになるのか予想してみました。

 

青山剛昌の原稿料だけの年収はいくら?

漫画家の主な収入源の一つが原稿料。1ページあたりの原稿料は、1万円~3万円くらいになるそうです。

青山剛昌先生は大ベテランなので、原稿料は3万円くらいはあると思います。

週刊少年サンデーの名探偵コナンは、1話あたり16ページ。また、週刊誌の場合は年間50号ほど発売されます。

すると、青山剛昌の原稿料だけの年収は

3万円×16ページ×50号=2,400万円

くらいになると考えられます。

 

青山剛昌の印税だけの年収はいくら?

次に、コミックの売り上げに応じて入ってくる印税。

出版社の場合、印税は発行部数の10%が相場となっているそうです。

2020年の名探偵コナンのコミック発行部数の累計は、2億3000万部

2021年の名探偵コナンのコミック発行部数の累計は、2億5000万部

すると、青山剛昌の印税だけの年収は

2,000万部(年間発行部数)×528円(コミックの単価)×10%(印税)=10億5,600万円

くらいになると考えられます。

 

青山剛昌の原作使用料だけの年収はいくら?

最後は、原作使用料。原作使用料とは、アニメ化や映画化などによって原作者に入ってくる収入です。

 

アニメ化した場合、アニメ1話あたりの原稿使用料は30万円くらいで年間50話ほど放送されます。

すると、アニメ化の原作使用料だけの年収は

30万円×50話=1,500万円

くらいになると考えられます。

 

映画で興行収入が200億円を超えても、原作者に入ってくる原作使用料は200万円~400万円が相場のようです。

2021年に上映されたのは、「名探偵コナン 緋色の弾丸」の1本のみ

すると、映画化の原作使用料だけの年収は

1本×400万円=400万円

くらいになると考えられます。

 

アニメ化の原作使用料と映画化の原作使用料を合計すると、

1,500万円(アニメ化の原作使用料)+400万円(アニメ化の原作使用料)=2,000万円

くらいになると考えられます。

 

青山剛昌の推定年収はいくら?

青山剛昌先生の原稿料・印税・原作使用料をトータルすると、推定年収は

2,400万円(原稿料)+10億5,600万円(印税)+2,000万円(原作使用料)=11億5,600万円

くらいになると考えられます。

ただし名探偵コナンはゲームやイベント、小学生向けの書籍などでも使用されていますので、青山剛昌先生の推定年収は11億5,600万円以上になると考えられます。

 

漫画家・青山剛昌の資産はいくら?

年収約12億円くらいになると考えられる漫画家・青山剛昌先生。資産額はいくらになるのでしょうか?

青山剛昌先生の資産額がいくらになるのか調べてみましたが、詳しい情報が見つかりませんでした。

青山剛昌先生の漫画家活動は約35年。稼いだお金も使うヒマがないほど日々多忙だと考えらえます。また、お子さんもいないので、貯金はたまる一方。

以上のことを考えると、青山剛昌の資産は100億円以上になると思います。

 

 

漫画家・青山剛昌の豪邸自宅と年収や印税・資産のまとめ

漫画家・青山剛昌先生の豪邸自宅と、年収や印税・資産がいくらになるのかまとめました。

漫画家・青山剛昌先生の豪邸自宅は、都内にあるタワーマンションになります。

漫画家・青山剛昌先生の年間に入ってくる印税は、10億5,600万円くらいになると思います。

漫画家・青山剛昌先生の年収は、11億5,600万円以上になると思います。

漫画家・青山剛昌先生の資産は、100億円以上になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました