青山剛昌の大学は美大で高校など学歴や経歴は?車好きでバイク好き?

青山剛昌の大学は美大で高校など学歴や経歴は?車好きでバイク好き? マンガ家
青山剛昌の大学は美大で高校など学歴や経歴は?車好きでバイク好き?

名探偵コナンのコミックは100巻を超え、コミックの発行部数は2億5000万部を突破しています。

その名探偵コナンの作者は、青山剛昌。名探偵コナンはコミックだけではなく、アニメや映画でも大人気作品です。

青山剛昌先生の大学は美大で高校などの学歴や経歴が気になります。また、車好きですが、バイクも好きなのでしょうか?

今回は青山剛昌先生の出身大学や高校などの学歴と経歴、また車好きでバイクも好きなのかについてまとめました。

 

 

青山剛昌が卒業した大学は美大のどこ?

青山剛昌先生の学歴・出身大学は、美大のどこになるのでしょうか?

青山剛昌先生の出身大学は、日本大学芸術学部になります。

日本大学芸術学部

〒176-0005

東京都練馬区旭丘2丁目42-1

青山剛昌先生は中学生のとき、美術の先生から絵を褒められて「やりたいことがあるなら、それをやりなさい」というアドバイスをもらったそうです。そのため、大学は美大の日本大学芸術学部を目指すようになったそうです。

大学時代には漫画研究部の「熱血漫画根性会」に所属。将来はアニメーターになることを目指していましたが、漫画研究部の先輩である矢野博之さんに「アニメーターよりも漫画家の方が儲かるから、漫画家を目指しなさい」というアドバイスをもらいます。そのアドバイスを受け、青山剛昌先生は漫画家を目指すようになったそうです。

 

青山剛昌先生は大学時代のときに、「ちょっとまってて」で第19回小学館新人コミック大賞に入選します。

現在、青山剛昌先生のアシスタントを務めているのは大学時代の漫画研究部のメンバー。青山剛昌先生が漫画家として活動を始めてから誰一人として欠けることはなく、同じメンバーでアシスタントを続けているそうです。

 

青山剛昌の出身高校などの学歴は?

青山剛昌先生の学歴・出身高校はどこでしょうか?

青山剛昌先生の出身高校は、県立由良育英高等学校卒業(現在の鳥取県立鳥取中央育英高等学校)になります。

鳥取県立鳥取中央育英高等学校

〒689-2221

鳥取県東伯郡北栄町由良宿291-1

青山剛昌先生は小学校4年生のときから剣道をやっていたそうですが、アニメーターを目指すため高校2年生のときに美術部に入部したそうです。

また剣道の経験は、作品に登場するの剣豪キャラにも反映されていると話しています。

 

 

青山剛昌の経歴は?

青山剛昌先生はこれまでどのような経歴を歩んできたのでしょうか?

青山剛昌先生は幼少期のとき、漫画が好きで親の目を盗んでコッソリ漫画を描いていたそうです。

高校2年生のときにはアニメーターに憧れて剣道部から美術部に入部します。

 

青山剛昌先生は大学時代、ちばてつや先生のファンだったため週刊少年マガジンに持ち込みをして佳作をもらいます。しかしある日、週刊少年マガジン編集長から「青山剛昌君の絵が気に入らない」と担当者を通して伝えられます。

担当者からこの先ウチでやっていくなら絵柄を変えた方がよいと言われたため、青山剛昌先生は週刊少年マガジンで続けていくことを断念します。

青山剛昌先生は次の持ち込み先を探していたとき、たまたま立ち寄った本屋にある週刊少年サンデーを見たことがきっかけで編集部に連絡を取って原稿の持ち込みを行います。

そして、1986年に「ちょっとまってて」で小学館新人コミック大賞に入選し、デビューを果たします。

それを機に背景を描くアルバイトなどで生活費を稼ぎながら、週刊少年サンデーで漫画家を目指すようになります。

 

青山剛昌先生の連載作品には、

1987年には週刊少年サンデーで「まじっく快斗」を連載。

1988年には週刊少年サンデーで「YAIBA」を連載。

1994年には週刊少年サンデーで「名探偵コナン」を連載し、現在も続いています。

があります。

ケン
ケン

当時は金田一少年の事件簿が流行っていたため、編集部から推理漫画を描いてくれないかと打診されて名探偵コナンの連載がスタート

連載当初はネタが続かないと思って3か月くらいで終わると思っていたそうです

 

青山剛昌は車好き?

青山剛昌先生は実家が自動車販売店兼ガソリンスタンドを経営している影響のためか、車好きでも有名です。

そして青山剛昌先生の車好きは、名探偵コナンにもたびたび登場します。

そこで、青山剛昌先生がどれだけ車好きなのかコナンに登場するキャラクターたちの愛車を見ていきたいと思います。

 

マツダRX-7

名探偵コナンの登場キャラクター降谷零(安室透)の愛車は、マツダRX-7。

マツダRX-7は、1991年に発売された3代目のモデルです。

マツダRX-7は国内でスポーツカーの需要がなくなったことやCO2排出抑制の影響を受けて、2003年に生産終了します。

 

フォルクスワーゲンタイプ1

名探偵コナンの登場キャラクター阿笠博士の愛車は、フォルクスワーゲンタイプ1。

フォルクスワーゲンタイプ1は「ビートル」の愛称で知られるドイツ車で、1938年に登場しました。

1978年には一旦生産中止になるものの、1998年には「ニュービートル」として復活して2011年には「ザ・ビートル」が誕生します。

日本では2019年に販売が終了しました。

 

プリウスNHW10

名探偵コナンの登場キャラクター新出智明の愛車は、プリウスNHW10。

プリウスNHW10は、1997年にトヨタから発売された世界初の量産ハイブリット車です。

構造やスタイルなど当時は画期的であったことから「未来の車」と呼ばれていました。

それからトヨタの価格戦略とエコカー補助金も相まって、プリウスは爆発的に普及します。

 

スバル360

名探偵コナンの登場キャラクター沖矢昴の愛車は、スバル360。

スバル360は1958年に販売が開始されたので「昭和の車」と呼ばれています。それから1970年までの約12年間に渡り販売され、現在では販売終了となっています。

当時は一般家庭で車を持つことが夢の時代でしたが、スバル360は手軽な価格で購入できるということで一般家庭に普及したようです。

また、スバル360は外装が丸みを帯びていることから「てんとう虫」とも呼ばれています。

 

アルファロメオ・ブレラ

名探偵コナンの登場キャラクター竜崎努の愛車は、アルファロメオ・ブレラ。

アルファロメオ・ブレラはイタリアの自動車メーカーが販売したクーベ型の乗用車です。

2005年に量産型を発表し、2006年4月に日本で販売開始。2010年9月に生産が終了しました。

 

青山剛昌はバイク好き?

青山剛昌先生の名探偵コナンには、車以外にもバイクも登場します。

もしかすると、青山剛昌先生はバイク好きでもあるかもしれません。

そこで、名探偵コナンに登場するキャラクターたちのバイクも見ていきたいと思います。

 

カワサキ KLX250

名探偵コナンの登場キャラクター服部平次が乗っているバイクは、カワサキ KLX250。

カワサキ KLX250は1998年2月から2016年までに販売されたオフロードバイクです。

「闘う4スト」のキャッチフレーズで、KLX250SRをベースに開発されています。

また、前期モデルには「KLX250E(1998年式)」と後期モデルには「KLX250S(2016年式)」があります。

 

ホンダCB400Four

名探偵コナンに登場する服部平次が乗るもう一つのバイクは、ホンダCB400Four。

ホンダCB400Fourは、昭和49年12月にホンダから発売された4気筒エンジンに6速ミッションを装備したロングツーリング車。ホンダで月産5,000台を生産計画したバイクです。

ホンダCB400Fourの特徴には「パワーをフルに引き出す、ワイドなギヤレシオの6速ミッション」「操従安定性の高いライディングポジションが得られるハンドルとシート及びステップ位置」があります。

 

ハーレーダビッドソン・V-RODファミリー

名探偵コナンの登場キャラクターベルモットが乗っているバイクは、ハーレーダビッドソン・V-RODファミリー。

V-RODは2002年に誕生したハーレー初の水冷Vツインエンジンです。

エンジンにはドイツのポルシェ社と共同開発で誕生した「レボリューション」を搭載。

また、V-RODファミリーは「ナイトロッドスペシャル」と「V-RODマッスル」の2種類しか存在しません。

 

青山剛昌の出身大学や高校など学歴と経歴・車好きでバイク好きについてのまとめ

青山剛昌先生の出身大学や高校など学歴と経歴についてや、車好きでバイク好きについてまとめました。

青山剛昌先生の出身大学などの学歴は、日本大学芸術学部になります。

青山剛昌先生の出身高校などの学歴は、現在の鳥取県立鳥取中央育英高等学校になります。

青山剛昌先生の経歴はイラストレーターから漫画家を目指し、そして週刊少年サンデーで名探偵コナンを連載中です。

青山剛昌先生は車好きで、名探偵コナンでもたびたび登場します。

青山剛昌先生の作品には、バイクも登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました