仕事での人間関係が辛い|ストレスの対処法について

ストレス
悩む男性
悩む男性

職場の上司や先輩、同僚からのストレスで死にそう

誰か、助けて~!

 

ケン
ケン

今回は、職場の人間関係のストレス対処法についてご紹介します
この記事を読めば、ストレスの悩みを誰に相談をすればよいのか、またストレスへの対処法などについてわかるようになるよ!!

 

 

1. 仕事における人間関係のストレスは避けて通れない

 

スタッフサービスグループより引用

スタッフサービスグループのアンケート調査によると、ストレスの原因のおよそ60%は「人間関係」になっています。

そのうち、「上司との人間関係」によるストレスが約33%、「同僚との人間関係」によるストレスが約28%になっています。

 

 

2. 退職理由の多くは、「人間関係」

 

マイナビ転職が行った20歳から35歳を対象に実施したアンケート調査によると、「仕事を辞めたい」と思った一番の理由は「給与の低さ」になり、その次は「人間関係」になってます。

職場にはいろいろな性格の人がいますので、どうしても自分と合わない人は存在します。

多くの人がそれだけ職場の人間関係に悩んでいるということです。

 

 

3. 人間関係がストレスになりやすい人の特徴

 

ここでは、人間関係でストレスを受けやすい人の特徴についてご紹介します。

もし、自分が当てはまる場合は少しずつでも改善するよう心がけてください。

 

 

3-1.相手に期待する

 

自分にとっては当たり前でも、相手にとって当たり前じゃないこともあります。

相手に期待する性格の人は、「自己中心的」な人や「完璧主義者」に多い傾向にあります。

まず、相手には期待しないようにしましょう。

それは、

「こうしてほしい」

というあなたの願望なのです。

 

「こうしてくれたら、ラッキー」

程度に心がけた方が結果としてうまくいきます。

 

3-2.相手の短所ばかりに目がいく

 

相手の短所ばかりに目が行くので相手のことが嫌になり、それが人間関係のストレスとなって返ってくるという負のループが続きます。

人間、短所だけの人はいません。まずは相手に関心を持ち、相手の長所を10個見つけてみましょう。

もしかすると、その人の長所は職場以外の場所で発見するかもしれません。

 

3-3.相手の期待に応えようとする

 

相手の期待に応えることは、すばらしいことです。

しかし、いつも相手の期待に応えてばかりいると、あなた自身が疲弊してしまいます。

ときには柔軟性も必要です。

自分が100点満点の期待に応えないといけないと思っていても、相手は80点で満足してくれるかもしれません。

 

 

4.仕事における人間関係の悩みは、誰に相談すればいい?

 

まずは上司や同僚、家族や友人、知人など、あなたが信頼している人に相談をしてみましょう。

第三者の意見として、何かよいアドバイスがもらえるかもしれません。

上司に相談をすれば、

「自分も同じことで悩んでいた」

と言い、適切なアドバイスを教えてくれるかもしれません。

同僚に相談をすれば、

「今、自分も同じことで悩んでいる」

ということで共感し、一緒に解決策を考えてくれるかもしれません。

 

もし、身近に相談できる相手がいない場合、相談に乗ってくれる専門機関があります。

相談は無料で秘密は守られます。下記の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください

職場の仕事・人間関係で悩んでいるあなたへ | 困ったときの相談窓口
悩む男性 職場のパワハラやモラハラ、不十分な給与や未払残業代、過剰な業務負担。 一体、どうすればいいんだろう~!! ケン 今回は、そんな悩みの相談に乗ってくれる専門機窓口ご紹介しま...

 

 

5.誰とでもコミュニケーションを取る方法

 

ここでは、誰とでもできる簡単なコミュニケーションをとる方法についてご紹介します。

コミュニケーションがとれると相手との距離が縮まりますので、人間関係もよくなることでしょう。

 

 

5-1.相手の話をよく聞く

 

コミュニケーションをとる場合、話すことよりも聞くことの方が重要です。

人は自分の話を聞いてほしのですが、聞いてくれる人は少数派です。そのため、話を聞いてくる人は貴重な存在になるのです。

尊重しながら話に耳を傾けると相手は心を開いて話してくれるようになり、コミュニケーションを取ることができます。

また、相手の話を聞いているときには、

「なるほど~」

 

「うわ~すごいですね」

などの相づちをうつと効果的です。

そうすることで、「あなたの話をよく聞いていますよ」というメッセージが伝わりますので、信頼関係を深めることができます。

 

5-2.相手に関心を持つ

 

相手に関心を持てば、自然とコミュニケーションができるようになります。

会話中の話題に興味を示せば、相手は心地よさを感じてくれます。

まずは、少しずつ相手に関心を持つようにしましょう。

関心を持つことができれば、自然に相手をほめたり、あいさつをすることができるようになりますので、相手も自分に興味や関心を持ってくれます。

 

 

6.どうしようもできない場合は、異動願いを提出

 

現在の人間関係がどうすることもできなく我慢の限界に近い状態なら、部長や課長に相談をして人事部に異動願いを提出しましょう。

新しい部署に異動すれば現在の人間関係から解放され、新たな人間関係をスタートさせることができます。

また、人間関係が悪い職場では会社の業績にも悪影響が及びますので、部長や課長も相談にのってくれるはずです。

 

 

7.会社に根本的な問題があれば、転職も一つの解決策

 

悩む男性
悩む男性

「ハラスメントが横行している」

「辞める人が多い」

「職場の人間関係が全体的に悪い」

などブラック企業のように根本的に問題がある場合、転職することも検討してみましょう。

転職エージェントでは、気軽に相談をするだけでもOKです。料金も一切かかりません。

エージェント側も本人の納得がいくように、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

ただし、

「何となくで決める」

「謙虚さがない」

「自分自身に問題があっても反省しない」

「いつも人のせいにする」

ような人は転職先でも失敗をする可能性が高いので注意しましょう。

転職エージェントとは? | メリットや注意点についても解説
「転職エージェントってどんなサービスなの?」 「転職エージェントを利用するメリットって何?」 「転職エージェントの利用は無料って聞くけど、何か裏があるの?」 ケン 今回は、転職エー...

 

 

8.人間関係は対策がむずかしい

 

仕事に関する問題の場合、忙しければ人に頼んでみたり工夫をして効率化をしたりと、自分自身の努力次第で何とかなる場合があります。

しかし、人間関係に対する問題は対相手がいるため自分自身の努力だけではどうすることもできない場合があります。

そのため問題が深刻化しやすく、対策が不十分だと適応障害やうつ病などで心身に支障がでる場合もあります。

 

 

9.体調に深刻な影響を感じるなら、医療機関に相談

 

「まだまだ我慢できる」

「少しだけムッとする」

というくらいの軽いストレスならまだ問題はありません。早めに対策をとりましょう。

しかし、

悩む男性
悩む男性

「頭痛や吐き気などで体調が悪い」

「会社に行きたくない」

「あの人のことを考えると、憂鬱になってくる」

と思っているなら、問題は深刻です。

そのまま放っておくとうつ病や慢性的な体調不良に陥りますので、早めに医療機関に相談をしましょう。

 

 

10.ストレスで限界を迎える前に対処しよう

 

私たちは1日の3分の1以上の時間を職場で過ごし、様々な人との人間関係で働きます。

些細なストレスでもそれが積み重なっていくと慢性的なストレスになり、心身に悪影響を与えます

ストレスで限界を迎える前に、早めの対策をとりましょう。

 

ケン
ケン

僕の場合、10年間ずっとパワハラ上司のもとで働いていたよ

周りに頼れる人もいなく、「このまま今の職場で仕事を続けても状況はよくならないだろう」と思っていたので仕事を辞めてしまったよ

みんなは、僕みたいな失敗はしないでね

コメント

タイトルとURLをコピーしました