天才イケハヤ、ビットコインの引退表明 ビットコインは儲からないのか!?

オピニオン

2020年12月にビットコインが初の200万円を突破しました。

200万円を突破した後も価格はどんどん上がっていき、とうとう400万円を突破しました。

しかし、そこからビットコインが暴落。天才、イケハヤさんは引退を表明しました。

ビットコインに投資をしても、儲けることはできないのでしょうか? 今回は私なりの意見を述べたいと思います。

 

 

イケハヤさんとは?

イケハヤ@ビットコイン大好き」より引用

イケハヤさんはブログ界ではその名を知らない人はいないほど有名な方です。これまでに、10,000以上のブログ記事を書いています。

今でこそビジネス系ユーチューバーは市民権を獲得しましたが、まだ誰もが注目していなかったときにいち早くそこに目をつけYouTubeに参入しています。

・Twitterのフォロワー数は29.5万人

・YouTubeのチャンネル登録者数は数十万人(詳細については、不明)

ブログやYouTubeに限らずサプリメントやnote、電子書籍の販売など多角的にビジネスを展開する実業家でもあります。、

早稲田大学の法学部出身。しっかりとビジネスでも実績を残していますので、超エリートといえます。

 

 

ビットコイン暴落でイケハヤさんは引退表明

 

ビットコインに投資をしていたイケハヤさん。

一時期はビットコインで400万円以上の含み益を抱えていたようです。

2020年12月にビットコインが200万円を突破した後も勢いは止まらず。その間にも、ビットコインについてのブログやYouTubeを投稿しています。

 

ところがビットコインが400万円をつけた後、相場は暴落。

これにより、イケハヤさんは1,500万円以上の含み損を抱えてしまい引退を表明しました。

 

 

引退表明はこれで何回目?

「あれ、前にもビットコイン投資に失敗して引退表明していなかったっけ?」と思い、イケハヤさんのツイートを調べてみました。

 

 

 

 

 

調べているうちに、「一体、どれだけ引退表明をやっているんだ?」と思っていましたが、

 

これまでに12回くらい、ビットコインの引退表明をしているそうです。(;^ω^)

普通の人なら何十回も失敗する前に身を引いていると思います。しかし、イケハヤさんにとって失敗することは挑戦することでもあり、失敗することは恥ではないという哲学があるのだと思います。    

 

 

逆を言えば、天才イケハヤさんが12回も引退を表明するほど、ビットコインで儲けることは難しいということでもあります。

 

ちなみに、イケハヤさんはビットコインで12回くらい引退表明をしています。そのたびに何百万円~何千万円もの含み損を出していますが、損切りしたとは言っていません。

もしかすると最初に買ったビットコインをそのまま保有しているだけで、含み損が大きくなったときだけビットコインの投資を停止しているだけではないかと推測します。

 

 

「その価値はいくらなのか」を理解していることから投資は始まる

ここからは私の持論になりますので、話半分程度に聞いて下さい。

私の考えとして「投資をするとき、その対象となるものの価値がいくらなのか」を理解していることから始まると思っています。

もし、ビットコインの価値が1,000万円以上はあると思っているのなら400万円でも買うでしょう。

仮にビットコインを400万円で買い、そこから暴落が起こって200万円まで下がったとしても動じません。なぜなら、ビットコインの価値が1,000万円以上はあると思っているからです。

ビットコインが200万円まで下がったのなら喜んで買い増しをするだけです。その後は、1,000万円の価格になるまで待ち続けるだけです。

 

 

私がビットコインに投資をするなら・・・

私にとってビットコインの価値なんてわかりません。

巷では「新しい技術が使われている」「将来にかわる通貨だ」とか何とか言われているみたいですが、はっきり言って意味がわかりません。当然、意味が理解できないものに対して正しい価値なんてわかるはずがありません。

仮にビットコインを1万円で買ったとしても、その後で5,000円に下がってしまったら私は損をすることになるでしょう。ビットコインを100円で買ったとしても、その後で50円にまで下がったら私は損をすることになるでしょう。

結論として、ビットコインが1円になったなら買うということになります。1円になればこれ以上、下がることはありません。

言いかえると、私にとってのビットコイン投資とは宝くじを買うことと同じことなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました