50代転職の年収は上がる?下がる? 後悔しない転職について

年収

「50代の平均年収っていくら?」
「50代で転職をすると、やっぱり年収は下がるのだろうか?」
「50代でも、できる仕事ってどんなものがあるのだろう?」
「未経験者だと50代の転職は難しいのだろうか?」

 

ケン
ケン

結論として50代で転職をした場合、年収は下がってしまう可能性があります

この記事では「50代の平均年収」「50代で転職して年収が下がる人の割合」「年収を下げないポイント」「50代でも採用されやすい仕事」などについてご紹介します

 

 

1. 50代の平均年収について

 

「50代の平均年収は、一体いくらだろう?」

「転職したら、年収はどのくらい減るのだろう?」

と考えている人は多いと思います。

ここでは国税庁や厚生労働省のデータに基づき、50代の平均年収について解説します。

 

 

1-1.年代別平均年収

 

国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

こちらのグラフは、40代から60代の平均年収を表したものです。

女性の場合、50~54歳のときの平均年収が322万円でピークをむかえます。

男性の場合、55~59歳のときの平均年収が686万円でピークをむかえ、60代になると150万円近く減少しています。

60代で平均年収が大きく減少する理由として、役職定年によってこれまでの役職手当が減るためだと考えられます。また、この年代になると管理職からスタッフ的な立場に代わることも多いため、年収も大幅に減少します。

 

1-2.50代の業種別平均年収

 

国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

こちらのグラフは、50代の業種別平均年収(トップ3)を表しています。

50代で平均年収が最も高い業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」になり、平均年収は965万円になります。

以降は「情報通信業」で平均年収は792万円、「金融業・保険業」の平均年収は725万円と続いています。

これら平均年収が高い業種の特徴として、

「豊富なスキルや実務経験、実績などが求められる」

といったことが挙げられます。そのため「未経験」からの転職は、ほぼ無理といえます。

 

国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

こちらは50代の業種別平均年収(ワースト3)を表しています。

平均年収が低い業種の特徴として、

「スキルや経験を必要としない」

「未経験者でもできる」

「利益率が低い」

といったことが挙げられます。

年収アップを目指して転職をする場合、なるべくスキルや専門的な知識を必要とする業種に転職することが重要になります。

 

1-3.50代の事業所規模別平均年収

 

国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

こちらのグラフは、50代の事業所規模別平均年収を表しています。

「5,000人以上」の平均年収は629万円で最も高く、「事業所規模別平均」と比べても、100万円以上の差があります。

以降は「100人以上」の平均年収が508万円、「10人未満」が411万円になっています。

事業所規模が大きいほど、平均年収も高くなる傾向になっています。

 

 

2. 50代の転職者で「賃金が減少した人」は40.6%

 

厚生労働省:「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」より作成

こちらのグラフは、50代転職者の賃金変動を表しています。

50代で転職をして「賃金が増加した人」は31.7%、「変わらない人」は26.3%、「賃金が減少した人」は40.6%になっています。

転職したことで「賃金が増加した人」よりも「賃金が減少した人」の割合が多く、さらに「賃金が10%以上も減少した人」は29%になっています。

50代の転職事情は厳しいようです。

 

 

3. 50代の転職で年収が上がるパターン

 

50代で転職をした場合、約4割の人は年収がダウンしてしまいます。その一方で、50代で転職をして年収アップを実現する人もいます。

ここでは、50代で年収アップを目指す転職方法についてご紹介します。

 

 

3-1.役員として転職する

 

50代で年収アップを狙う方法として、これまでに築いてきたスキルや経験、社内や社外の人脈を生かし、同業他社で役員として転職する方法があります。

役員として転職をすれば、例え中小企業であっても年収1,000万円を狙うことも夢ではありません。

役員として転職をすれば年収アップを実現することができますが、その分責任も重くなります。

 

3-2.生涯年収に着目する

 

もし転職によって年収がダウンする場合は、「生涯年収」にも着目してみましょう。

多くの企業では定年60歳を迎えると仕事を退職しなくてはいけませんでした。

しかし、平成25年に施行された「改正高齢者雇用安定法」によって65歳まで働くことが可能になり、中小企業の場合だと「定年」がないところもあります。

収入に困って転職を検討している方は「生涯年収」に着目し、長く働ける企業を検討してはどうでしょうか?

 

 

4. 50代の転職で年収が下がるパターン

 

50代で転職をした場合、ほとんどの人は年収が下がってしまいます。

ここでは年収を下げないためいため、転職で気をつけたいポイントについてご紹介します。

 

 

4-1.未経験者として転職する

 

「未経験者」として転職した場合、これまでのスキルや経験を生かすことはできません。その場合は一から業務を学びなおす必要があるため、新卒者と同じ年収になってしまう可能性があります。

同様に、「スキルや経験を必要としない」仕事に転職した場合も平均年収が低いため、年収が下がってしまう恐れがあります。

50代で転職をする場合、可能であればこれまでに学んだスキルや経験を生かすことができる同業他社を目指すようにしましょう。

 

4-2.企業規模の小さい会社へ転職する

 

大企業から中小企業やベンチャー企業へ転職をした場合、年収は下がってしまいます。

なぜなら、「1-3.50代の事業所規模別平均年収」で見たように、事業所規模が小さくなるほど平均年収は低くなるためです。

中小企業やベンチャー企業で年収アップを目指す場合は、役員になれるポジションを目指しましょう。

 

 

5. 現在の支出状況を、一度分析してみる

 

50代になると子供も学校を卒業し、これまで支払っていた学費なども終わるころになっています。また、住宅などのローンも完済する時期でもあります。

一度、家庭の支出状況を分析してみましょう。これまでかかっていた費用が少なくなっていれば、収入にこだわって転職をする必要はないかもしれません。

 

 

6. 早期退職制度を利用した転職には注意が必要

 

早期退職制度を利用して退職した後に転職先を探すのは危険です。

早期退職制度を利用すると、退職金は割増でもらえますので資金に余裕ができます。

しかし、会社を辞めてしまうとこれまで会社側が負担していた社会保険料も自分で支払わないといけません。

また、住民税は前年度の所得金額から計算されます。そのため、退職して収入が途絶えた場合でも、住民税の負担は生じます。

これら社会保険料と住民税の支払いによって割増しでもらった退職金も大きく減り、貯金に余裕がなくなってしまうのです。

そのため、転職する場合は現職の仕事を辞めたタイミングで転職先の企業に入社できる状況にすることが理想的です。

 

 

7. 50代でも転職しやすい仕事

 

転職先でこれまでのスキルや経験が生かすことができれば、条件の良い企業で働くことができます。

しかし、これまでのスキルや経験が生かせない場合には

「スキルや知識を必要としない」

「未経験でもできる」

「人手不足」

といった転職先を検討する必要があります。

ここでは50代でも正社員を目指せ、転職もしやすい仕事についてご紹介します。

 

 

7-1.清掃員

 

50代の未経験者でもできる仕事として「清掃員」があります。

平均年齢も高いため50代でも周りの人と親しみやすく、「夜間」でも働くことができます。また「一日〇時間だけ働く」といった融通が利くため、家庭事情で長時間働けない人にも向いている仕事です。

 

7-2.製造業の工員

 

製造業の工員も未経験で働ける仕事の一つです。

製造業の中でも大手企業が募集する「期間工」として働くことができれば、高い給与がもらえるので魅力的です。

そのうえ社会保険も完備され、企業側で「寮」も準備していることが多いため、貯金もしやすいメリットがあります。

 

ケン
ケン

僕も期間工として働いた経験があるよ

製造業で働くので体力が必要な仕事だったけど給与は高く、未経験でも月に35万円くらいはもらえたよ

そのうえ、光熱費込みの寮生活で月1万円しかかからないのですぐに貯金はたまったよ

けど、工場で働くので、周囲は機械だらけ。だから、ケガには気をつけてね

 

7-3.介護職

 

高齢化により、介護職の人材は不足しています。

介護職では多くの企業が資格取得のための費用を支援し、福利厚生も充実させています。

資格を取得すればその分資格手当が支給されますので、入社後も年収アップを目指すことができまる仕事です。

近年では経験よりも「熱意」や「コミュニケーション能力」を重視した企業が多くなっています。

 

7-4.バスやタクシーの運転手

 

50代でも転職ができて60代でも活躍できる仕事として、バスやタクシー運転手があります。

最近ではネット通販の普及で物流の需要は高まり、また若者の車離れによってドライバーは不足しています。

未経験者でも応募ができるうえ、給与も高くて魅力的な仕事になっています。

 

7-5.営業職や接客業

 

営業職や接客業は人手不足が多い職種です。

人とコミュニケーションをとるのが好きな人やセールスの経験がある人などは自分の強みを生かすことができます。

 

 

8. 50代で役立つ資格

 

50代で転職する場合、

「少しでも転職に役立つ資格はないだろうか?」

と考えている人もいると思います。

ここでは、50代の転職に役立つ資格についてご紹介します。

 

 

8-1.税理士

 

税理士は、税金に関する資格になります。

難関資格の一つになりますがこの資格があれば経理関係の転職で有利になり、50代でも採用されやすくなります。

取得後は税理士事務所への転職だけではなく、独立開業も狙うことができます。

 

8-2.第二種電気工事士

 

第二種電気工事士は50代でも重宝される資格の一つです。

お店を開業して電気を通す場合はこの資格が必要になります。

この資格があれば定年を迎えた65歳以降でも働き続けることができます。

 

8-3.宅地建物取引主任者

 

宅地建物取引主任者は不動産関係の仕事で必要とされる資格になり、この資格がないと不動産取引でお客さんに説明することはできません。

もし不動産業界で事務的な業務を担当したい場合は、宅地建物取引主任者の取得を目指しましょう。

 

8-4.フォークリフト運転免許

 

ネット通販の普及に伴い、物流業界は人手不足が続いています。

フォークリフトの運転免許は一週間位で取得でき、時給の高い求人も多いためコスパ最強の資格になります。

この資格があれば、フォークリフトの運転業務に従事することができますで、重いものを持ち運んだりする必要がありません。体力に自信のない人にはおすすめの資格になります。

 

 

9. 50代の転職は、プロに相談

 

50代の転職で悩んでいる方は、転職のプロに相談をしてみましょう。

転職エージェントに相談をすれば、今までに培ってきたスキルや経験が生かせる転職先を紹介してくれるかもしれません。

また、転職先でこれまでのスキルや経験をうまくアピールする方法についても教えてくれます。

登録は無料です。料金は一切かかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました