転職エージェントの費用は無料です | 無料のカラクリも解説

転職エージェント

「転職エージェントの利用って本当に無料なの?」

「もし、転職ができたら料金は発生するの?」

「無料ということは、何か裏があるの?」

 

ケン
ケン

今回は、転職エージェントが無料で利用できる仕組みについてご紹介します

この記事を読めば転職エージェントが無料で利用することができる理由についてや、転職エージェントのサービス内容について理解することができるようになります

 

 

1.転職エージェントは『無料』で利用できる

 

求職者が転職エージェントを利用する場合、費用はかかりません。無料でサービスを利用することができます。

また、転職エージェントは求職者から料金をもらうことは法律で禁止されています。

 

 

2.転職エージェントが無料で利用できる理由について

 

なぜ、求職者は転職エージェントのサービスを無料で利用することができるのかというと、企業側が費用を負担しているためです。

企業が求職者を採用し、双方で雇用契約を結びます。そのとき、企業側が転職エージェントに紹介料を支払う仕組みになっています。

転職エージェント側にとってはこの紹介料が売上になるわけです。

 

 

3.転職エージェントに支払われる紹介料は一体いくら?

 

では一体、転職エージェントはどのくらい企業から紹介料をもらっているのでしょうか?

転職エージェントからの紹介で企業が求職者を1人採用したとき、想定年収の約30%が紹介料として支払われます。

 

例えば、想定年収500万円として企業側が求職者を採用した場合、

500万円×0.3(30%)=150万円

転職エージェント側に支払われる紹介料は約150万円になります。

 

つまり、転職エージェントは求職者が転職に成功したとき紹介料がもらえる「成功報酬型ビジネスモデル」になっているのです。

 

 

4.キャリアアドバイザーには「ノルマ」が存在する

 

転職エージェントは紹介料をもらうことでビジネスが成り立つ仕組みになっています。

そのため、キャリアアドバイザーには「ノルマ」が存在します。

ノルマ達成のために本当は転職するのにふさわしくない企業を求職者に紹介したり、強引に応募するように推し進めてくるようなキャリアアドバイザーも中には存在します。

もし、自分の希望条件に合っていない企業を紹介された場合は注意して下さい。その場合はなぜその企業を勧めてくるのか詳しい理由について説明を求めましょう。

そのとき、納得することができなかった場合は断るようにしてください。

 

 

5.企業が高い紹介料を支払っても転職エージェントに依頼する理由について

 

なぜ、企業が高い紹介料を支払ってまで転職エージェントに依頼するのかというと、ほしい人材を効率よく採用するためです。

例えば自社のホームページやハローワークなどで募集をかけたとしても、応募者全員が企業の求めている人材だとは限りません。

特に、誰もが転職したくなるような有名企業や人気企業にもなると応募者は数百人にもなります。その場合、採用担当者は書類選考のために履歴書や職務経歴書など1つ1つチェックする作業が生じるため、とても対応が間に合いません。

そのため、企業側は転職エージェントにほしい人材像についてあらかじめ伝えておき、転職エージェントは企業側が求めている人材にマッチしそうな人を紹介します。

つまり、転職エージェントが企業の採用活動を代行してくれるので企業側にとっては効率がよいのです。

 

 

6.転職エージェントの登録から内定までのステップ

 

転職エージェントを利用した場合、登録から内定・入社まで5つのステップがあり、それぞれのステップごとに求職者をサポートしてくれます。

ステップ1.転職エージェントへの登録

  

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面接・企業案件の紹介

  

ステップ3.応募・必要書類の作成

  

ステップ4.面接の対策

  

ステップ5.企業からの内定・入社

 

先ほどキャリアアドバイザーの中にはノルマ達成のため強引に企業案件を推し進めてくる人も存在することについて触れましたが、それ以上に転職エージェントを利用することにはメリットが存在します。

次は、転職エージェントのサービス内容について順番に説明していきます。

 

ステップ1.転職エージェントへの登録

 

転職エージェントを利用する場合、最初にWebサイトからプロフィールの登録を行います。その際、これまでの職歴やスキル、担当したプロジェクトなどについても詳しく記入するようにしましょう。

なぜなら、面談のときにあなたの希望条件にマッチした企業案件を紹介してもらいやすくするためです。

登録後、数日以内に担当となるキャリアアドバイザーから電話かメールにて面談の日程に関する連絡があります。

面談は基本的に本社か支店で行われますが、地方などの遠方に住んで足を運ぶことが難しい場合、電話での面談になります。

 

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談・企業案件の紹介

 

担当となるキャリアアドバイザーの面談時間は、約60分~90分ぐらいになります。

面談では、転職先に求める条件やこれまでの経歴やスキルなどについてのヒアリングを行います。

ヒアリング後、求職者にマッチする企業案件があれば、その場で紹介をしてもらえます。

もし、ヒアリング中に気になることがあれば、遠慮なく相談をしてみましょう。

 

この面談はあなたの転職活動を成功させるための重要な場になります。

担当者に

「転職したいという熱意」

を伝えることができれば、その後のサポートに雲泥の差がでます。

しっかり、アピールをしましょう。

【知っていると差がつく】転職エージェントの裏事情について
「無料で転職活動をサポートしてくれるなんて、何か裏がありそう」 「求人を紹介すると言った後、一切連絡がこなくなった」 「あまり転職したいと思わない企業に、応募するよう強く勧められた」 ケン ...

 

ステップ3.応募・必要書類の作成

 

応募する企業が決まった場合、必要書類として履歴書や職務経歴書を作成します。

出来上がった必要書類をもとに、キャリアアドバイザーがより魅力が伝わるよう必要書類の添削を行います。

また、あなたの魅力が伝わるように推薦状も添えて応募しますので、個人で応募するよりも書類選考の通過率がアップします。

 

ステップ4.面接の対策

 

書類が選考通過をすると、次は面接の対策を行います。

転職エージェントでは過去のデータをもとに、面接での質問事項を想定した模擬面接も実施しています。

模擬面接では質問事項の対策に加え、本番で力が発揮できるように話し方のコツや面接時の身だしなみ、面接会場への入室時や退室時の作法などについていろいろなアドバイスを行います。

 

ステップ5.企業からの内定・入社

 

書類選考も面接も無事に通過し、内定がもらえると晴れて転職先での仕事が始まります。

もし、退職が長引き入社日の調整が必要になった場合、キャリアアドバイザーに相談をしましょう。

企業側と交渉を行い、入社日の調整を行います。

 

転職に伴い現在勤めている会社を円満退職する場合、どのようにすればよいのかキャリアアドバイザーから直接アドバイスがもらえると思います。

または、下記の記事でも円満退職の方法についても取り上げていますので参考にして下さい。

【手順も解説】波風を立てず円満退職する方法
今の会社から別の会社へ転職が決まった できれば、今の会社で波風を立てず円満に転職したい その場合、何って言えばいいんだろう?どうすればいいんだろう? ケン 会社を退職すり場合、退職...

 

 

7.転職エージェントに関する質問

 

最後に、転職エージェントに関してよくある質問を取り上げていきます。

Q.転職エージェント会社を利用して転職活動をした場合、採用辞退をしたら費用が発生しますか? 払うとしたら、いくらになりますか?

 

A.採用を辞退した場合でも費用は一切発生しません。

ただし、企業側もあなたを採用するために時間や費用をかけています。また、転職エージェンも企業側との信用関係があります。

採用を断ると決めたなら、早めに転職エージェンへ連絡を入れるようにしましょう。

 

【8つの例文つき】角をたてない転職エージェントの断り方
悩む男性 「他社から内定をもらったので、面接を辞退したい」 「条件が悪いので、内定を辞退したい」 「予定していた面談を断りしたい」 ケン このような悩みを抱えている方のために、今...

 

Q.転職エージェントと転職サイトにはどのような違いがありますか?

 

A.転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接の実施など、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。

転職サイトの場合は自分で応募したい企業を探し、自分で履歴書や職務経歴書を作成、面接対策を行わないといけません。

ただし、どちらも無料で利用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました