転職エージェントで失敗する人の特徴

転職エージェント

「転職エージェントを使って失敗することってあるの?」

「転職エージェントで失敗しないためにはどうすればいいの?」

「転職エージェントを使って失敗するときって、どんなとき?」

 

ケン
ケン

転職エージェントには、求職者本人には言えない本音というものがあります
そういった裏事情を踏まえ、キャリアアドバイザーが「サポートをしたくないと思う求職者の特徴」や「転職に失敗しやすい求職者の特徴」についてご紹介していきます

 

 

1. キャリアアドバイザーは本音を言わない

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者と常に本音で話しているわけではありません。

彼らの裏側にはさまざまな事情があり、そのうえで求職者に企業を紹介しています。

例えば転職エージェントは求職者が転職に成功したとき企業側から紹介料をもらっているため、問題がある求職者を安易に紹介することができません。そういった本音については求職者本人に言うことはありません。

転職エージェントの裏側の事情を知り、うまくサポートを受けるようにしましょう。

【知っていると差がつく】転職エージェントの裏事情について
「無料で転職活動をサポートしてくれるなんて、何か裏がありそう」 「求人を紹介すると言った後、一切連絡がこなくなった」 「あまり転職したいと思わない企業に、応募するよう強く勧められた」 ケン ...

 

 

2. 転職に失敗する求職者の特徴

 

転職活動で成功するためにはキャリアアドバイザーとの相性やサポート内容も大切ですが、最も大切なことは求職者本人の

「転職したい」

という強い意志です。

ここでは、転職に失敗してしまう求職者の特徴についてご紹介します。

 

 

2-1.これまでの職歴に統一性がない人

 

これまでの職歴がバラバラで統一性がなく、未経験の業界や職種を希望している方は転職に失敗してしまう可能性があります。

キャリアアドバイザーが適職だと思う案件を勧めても、希望する業界や職種へのこだわりが強く、アドバイスを聞き入れない方は注意が必要です。

 

2-2.問題に直面するとすぐに転職をする人

 

職場で何か問題があるとすぐに転職をしようとするタイプの人も転職で失敗してしまう可能性があります。

このような人は転職回数も多くなってしまうことが多いため、企業の採用担当者からも

「ウチで働いてもすぐに辞めてしまうのでは?」

と思われるため、なかなか採用されることがありません。

すぐに会社を辞めてしまうとキャリアにキズがついてしまい、どんどん転職が難しくなっていきます。

企業側は

「1つのキャリアを築くためには3年は必要」

と考えていますので、その期間までは続けるようにしましょう。

 

2-3.問題があると、他人のせいにする人

 

何か問題が起きると、すぐに人のせいにする方も注意が必要です。

このような人は現在勤めている会社の不平不満がつい面接のときにも口に出てしまいますので、なかなか採用にむすびつきません。

問題が起こったときは

✔ 「自分に非はないのか」

✔ 「自分で解決することができないのか」

をよく考えてみるようにしましょう。

また現在の仕事関係や人間関係に問題がある場合、可能であれば社内の人事異動で環境を変えてもらいましょう。

 

2-4.親同伴で転職活動をする人

 

いい歳になって親同伴で転職活動をしている人も注意が必要です。

このような求職者の場合、能力以上の待遇を求めてくることが特徴です。

また面接中のときには親が顔を出してくることもあり、

「いい歳なのに親離れができていないのか・・・」

と面接官の印象を悪くしてしまいます。

 

2-5.コミュニケーション能力に問題がある人

 

一方的に話をして他人の話を聞かない人や、逆に質問をしても黙り込んでいる人などコミュニケーション能力に問題がある人も注意が必要です。

仕事中は上司や同僚などとコミュニケーションをとりながら業務をすすめていきます。このようなタイプの人は例え魅力的なキャリアがあっても、なかなか採用されません。

 

2-6.見た目に問題がある人

 

面接では見た目の第一印象が大切です。しかし、

「ヨレヨレのスーツ姿」

「髪が乱れている」

「無精ひげが生えている」

など、見た目に問題がある方も注意が必要です。

このような人は面接官から

「だらしない性格」

であると思われるため、なかなか採用にむすびつきません。

清潔な姿で臨むようにしましょう。

 

 

3. キャリアアドバイザーがサポートをしたくないと思う求職者の特徴

 

キャリアアドバイザーも人間なので、

「この人はサポートしたくないなあ・・・」

と思われてしまうと、十分なサポートを受けることができません。

ここでは、キャリアアドバイザーがサポートしたくないと思う人の特徴についてご紹介します。

 

 

3-1.優柔不断でなかなか決断ができない人

 

キャリアアドバイザーが、

「あなたにはこのような会社が合っていると思いますよ」

と紹介をしても、返事がうやむやで応募するのかどうかの決断ができない人は注意が必要です。

このような人は転職活動が前に進まず、キャリアアドバイザーもだんだんサポートをする気をなくしていきます。

いくつかの企業案件を紹介し、キャリアアドバイザーが

「この人には転職する気が感じられない」

と思われた場合、案件の紹介がなくなってしまいます。

 

3-2.能力以上の仕事や待遇にこだわる人

 

現在のキャリアに見合っていない仕事や高い待遇に固執をする人も注意が必要です。

キャリアアドバイザーがこれまでのあなたのキャリアから棚卸を行い、それに見合う企業案件を紹介してもなかなか理解してもらえない場合、次第にサポートの対象外として扱われます。

 

3-3.プライドが高くてアドバイスを聞かない人

 

プライドが高く、キャリアアドバイザーからのアドバイスを聞かない人も注意が必要です。

いくらアドバイスをしても

 

「君より社会経験が長いんだから、それくらいわかっている」

「会社では重役として務めているのだから、きみより偉いんだよ」

などと言って話を聞こうとしないため、キャリアアドバイザーも対応することができません。

 

3-4.親同伴で転職活動をする人

 

親同伴で転職活動をしている人の場合、キャリアアドバイザーが

「本人と面談がやりたいので、席を外してもらえないでしょうか」

とお願いをしたとき、怒って求職者本人を連れて帰ります。

その後のクレーム対応に追われてしまいますので、キャリアアドバイザーの印象を悪くしてしまいます。

 

3-5.自分の意思がない人

 

これまでの進学や就職でも自分の意思で決断をすることがなく、周囲の意見で決めてきた人の場合

悩む男性
悩む男性

「自分は何がやりたいのか」

がはっきりしていません。

このような状態で転職活動に臨んでしまうと、失敗してしまう可能性があります。もし、可能であれば今の仕事を続けていきながら

「自分は何がやりたいのか」

がはっきりした後で転職活動をする方が望ましいです。

 

3-6.職務経歴書に嘘を書く人

 

職務経歴書に嘘を書いている人は要注意です。

キャリアアドバイザーの方はこれまでにたくさんの求職者と相談をしてきていますので、例えうまく嘘をついたつもりでもすぐに見抜いてしまいます。

転職エージェント側からすると、職務経歴書に嘘を書くような人を紹介してしまうと企業との信頼関係にキズをつけてしまいますので、そのうち案件を紹介されなくなってしまいます。

 

 

4. キャリアアドバイザーとのコミュニケーションが成功のカギ

 

転職活動で成功するためには、キャリアアドバイザーと十分にコミュニケーションをとり、自分の希望をはっきり伝えることが大切です。

ただし、すべての希望条件を満たすような案件はまずありません。

「この条件は絶対に譲れない」

「この条件は妥協してもいい」

というように自分の中で

✅ 「譲れる条件」

✅ 「譲れない条件」

をはっきりさせ、そのうえでキャリアアドバイザーとしっかり相談をしていきましょう。

そうするとミスマッチも少なくなり、理想的な転職活動が実現できます。

しかし、キャリアアドバイザーも人なので求職者との相性の問題や提供するサービスの質の問題でうまくいかないこともあります。どのような人がキャリアアドバイザーになるかは運次第です。

そのためにも、複数の転職エージェントに登録をしておきましょう。複数の転職エージェントに登録をしておけば、複数の転職エージェントの中からあなたと相性がよいキャリアアドバイザーに絞っていくことができるようになります。

【口コミ情報あり】転職エージェントに複数登録するべき理由と上手な活用法について
「転職エージェントは1社だけ登録した方がよいの? それとも、複数登録した方がよいの?」 「複数登録するなら、何社くらい掛け持ちした方がよいの?」 「転職エージェントを複数併用した場合、注意する点はありますか?」 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました