転職エージェントの面談ってどんなことするの? | 面談内容と質問の答え方について解説

転職エージェント
悩む男性
悩む男性

「明日、転職エージェントの面談があるけど、どんな準備をすればいいんだろう?」
「職務経歴書にアピールできることが書けなくて不安」
「初めて転職エージェントを利用するので、面談ではどんなことを聞かれるのか不安」

 

ケン
ケン

このような悩みを抱えてる方のために、今回は転職エージェントの面談内容についてご紹介していきます
この記事を読めば、面談前に準備することや当日の服装、面談時の注意点、そして転職エージェントと信頼関係を築くためのポイントを理解することができます

 

 

1. 面談の流れ

 

転職エージェントとの面談では、以下の5つのステップで構成されています。

 

1-1.まずは自己紹介

  

1-2.これまでの経歴や成果についてのヒアリング

  

1-3.転職理由と目指すキャリアについてのヒアリング

  

1-4.希望条件の確認

  

1-5.企業案件の紹介

それでは、順番に見ていきましょう。

 

 

1-1.まずは自己紹介

 

面談の前に、まずはお互いの自己紹介からスタートします。

担当者となるキャリアアドバイザーからは、これまでの支援実績や得意とする業界、受けられるサポート内容についての説明があります。

気になることがあれば、どんどん質問してみましょう。

 

1-2.これまでの経歴や成果についてのヒアリング

 

次に、あなたの履歴書や職務経歴書をもとに、これまでの実績や今までに経験した役割、成果などについて様々な角度から質問していきます。

キャリアアドバイザーとの面談を通し、自分自身でも気づかなかったアピールポイントが発見できたり、思ってもいなかったような業界や職種に強みとして生かせることに気づく場合もあります。

 

1-3.転職理由と目指すキャリアについてのヒアリング

 

転職したい理由を確認し、そこから転職先に求める条件を明確にします。

例え転職したい理由がネガティブな場合でも、正直に答えるようにしましょう。

そして、転職後はどんなキャリアを築いていきたいのか、一緒に確認していきます。

もし、どんな業界に転職したいのか漠然としてまだ決まっていない場合、これまでの職歴などからどのようなキャリアを築いていくことがベストなのか、一緒に考えていきます。

 

1-4.希望条件の確認

 

転職するにあたり、年収や休日日数、勤務形態など、希望する条件を明確にします。

全ての希望条件を満たす企業に絞ってしまうと、間口は狭くなってしまいます。

希望条件の中から「絶対に譲れない条件」「妥協できる条件」について優先順位を決め、転職エージェントと一緒に話を進めていきます。

 

1-5.企業案件の紹介

 

これまでのステップを踏まえたうえで、転職エージェントがあなたに合った企業案件を紹介します。

転職エージェントでは一般では公開されていないような案件も扱っていますので、あなたの条件に合っていれば、そのような案件も紹介してくれます。

転職エージェントはあなたにふさわしいと思った案件を紹介します。

しかし、

「この案件は自分には合わない」

と思ったなら、応募を断っても問題ありません。

 

 

2. 面談前に準備しておくこと

 

面談をスムーズに進めるためにも、当日までに準備しておくべきことがあります。

ここでは準備しておくべき2つのことについて、説明していきます。

 

 

2-1.履歴書と職務経歴書を送っておく

 

事前に履歴書と職務経歴書を送っておきましょう。

そうすれば担当者が、どうゆう風にアドバイスをしていけばよいかといったことがわかりますので、スムーズに面談が進められます。

 

2-2.希望条件を伝えておく

 

あらかじめ転職先に求める希望条件を伝えておきましょう。

そうすれば、面談のとき条件に合った企業案件を紹介してくれまし、転職先で求める条件の確認合わせができます。

 

 

3. 面談当日に持参するもの

 

面談当日に持参するものとして

✅ 履歴書

✅ 職務経歴書

✅ 顔写真

✅ 筆記用具

✅ カバン

が挙げられます。

面談実施前に転職エージェントの方から持参物についての説明があると思います。忘れることがないよう準備しておきましょう。

また、面談当日は転職エージェント側から資料や求人票を提供される場合がありますので、カバンも持参するようにしましょう。

履歴書や職務経歴書は完璧にできなくても、わかる範囲だけでも書いておくようにしましょう。

 

 

4. 転職エージェントとの面談場所

 

面談場所は、本支店内の個室で行うことが多いようです。面談に集中できる環境になっていますので、当日はリラックスした状態で臨みましょう。

遠方に住んで直接面談に行くことができない場合は転職エージェントが近くのオフィスまで足を運んでくれたり、また電話面談も実施します。

しかし、できればお互い顔を合わせながら面談に臨むことが望ましいので、もしパソコンとネット環境が整っていればSkepにてWeb面談を依頼してみましょう。

あらかじめ、履歴書と職務経歴書も準備して手元に置いておけば、面談がスムーズに進みます。

 

 

5. 転職エージェントとの面談時間

 

転職エージェントとの面談時間は、60分~90分ぐらいが一般的です。

日時については、平日、土曜の20時まで対応している場合がほとんどのようです。

まだ転職活動の目的がはっきりしていない場合、面談時間が長くなることがあります。

面談で今後の転職活動方針を定めますので、焦らずにじっくり時間をかけて臨むようにしましょう。

 

 

6. 面談当日の服装

 

必ずしもスーツである必要はありません。清潔感のあるオフィスカジュアルのような服装で大丈夫です。また仕事終わりに訪問する場合は、作業服のままでも大丈夫です。

しかし、上はTシャツ、下は半ズボンなどのようなラフな姿だと印象を悪くしてしまいますので、控えるようにしましょう。

また、服装に加え髪型や身だしなみもきちんと整えて面談に臨みましょう。

 

 

7. 転職エージェントに言いにくいことも、本音で話す

 

転職理由が人には言いにくい理由の場合、本音で話してよいのか迷ってしまいます。

しかし、面談では包み隠さず正直に話しましょう。

以下に、本音で話した方がよいケースをご紹介します。

 

 

7-1.転職回数や派遣先の経験などが多い場合

 

これまでの転職回数や派遣先の経験などが多い場合、すべてを説明すると面談時間が長くなります。

その場合はあらかじめ、職務経歴書にその旨を記載しておきましょう。

また、企業面接のときに「転職回数や派遣先の経験などが多い理由」について、どう伝えればよいのかアドバイスをしてくれます。

 

 

7-2.言いにくいことも正直に話す

 

「リストラされたから・・・」

「上司とケンカした勢いで辞めたから・・・」

など、転職理由が言いにくい場合でも、隠さずに話しましょう。

本当の理由を知ることで企業との面接のとき、どう伝えればよいのかアドバイスをしてくれます。

 

 

7-3.企業にアピールできる実績がない場合

 

もし、職務経歴書にアピールできるような実績や経験がなくても、転職エージェントに相談をしましょう。

転職エージェントと一緒になって考えることで、自分で気は気づかなかったアピールポイントを発見できるかもしれません。

 

 

8. 面談時に注意すること

 

転職エージェントとの面談のときは無理に緊張する必要はありません。

しかし、以下の行動は転職エージェントの印象を悪くしてしまうので気をつけましょう。

 

 

8-1.不平不満を口にしない

 

面談ではあなたの強みやアピールできるポイントを一緒になって探していきますので、勤め先の人間関係などについて不平不満を口にすることは避けましょう。

また、複数の転職エージェントを活用することについては問題ありませんが、同様に他の転職エージェントへの不平不満も口にしてはいけません。

不満ばかりが続くと、転職エージェントに

「この人を企業に紹介しても大丈夫だろうか・・・」

と印象を悪くし、満足のいく転職活動ができなくなってしまいます。

 

8-2.担当者に任せきりにしない

 

転職活動を成功させたないあなたが主体的に行動しなかった場合、

「この人は、本当に転職をする気があるのだろうか・・・」

と思われてしまいます。

全てを転職エージェントに任せてはいけません。彼らはあなたが転職活動を成功させるためのサポート役なのです。

 

8-3.経歴に嘘をつかない

 

良い案件を紹介してほしいからといって履歴書や職務経歴書に嘘を書いてはいけません。

そのようなことをすると転職エージェントの信頼を損ねてしまいますので、良い案件の紹介を受けられなくなってしまったり、内定取り消しの原因にもなります。

嘘をつかず、事実を伝えるようにしましょう。

 

8-4.遅刻をする場合は、必ず連絡を入れる

 

もし急用などで面談の時間に遅刻する場合は、早めに転職エージェントに連絡を入れましょう。

転職エージェントも時間を割って面談に臨んでいます。

「平気で遅刻をするような人」

だと思われてしまうと、信頼に傷をつけてしまうため良い案件を紹介してもらえない可能性があります。

 

 

9. 最も重要視される転職理由について

 

転職先の企業が最も重要視することは、あなたの転職理由です。

このとき、

「職場の人間関係が悪かったから」

「給料が安かったから」

などネガティブな転職理由を答えてしまうのはNGです。

「自分のスキルアップのため」

「自分の実績が正当に評価されたいため」

など、転職理由と退職理由が一貫したポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

もし、あなたが転職理由で悩んでいた場合でも大丈夫です。転職エージェントに相談をすればあなたにふさわしい転職理由を一緒になって見つけてくれます。

【回答例文あり】面接でネガティブな転職理由・退職理由をポジティブにする伝え方
悩む男性 「給料が低い」ことが理由で転職をするとき、面接でどう説明したらいいの? 「休日が少ない・残業が多い」ことが理由で転職をするとき、面接でどう説明したらいいの? 「上司からパワハラされた」ことが理由で転職をす...

 

 

10. まとめ

 

転職エージェントとの面談では、転職に至った経緯や背景などから転職の方向性を決定します。

転職先に求める希望条件や、実現したいキャリアプランだけではなく、転職活動での不安や悩みなど気軽に相談をしていきましょう。

求人の紹介はもちろん、面接の練習など、様々な面でサポートしてくれます。

あなたの転職活動に対する前向きな姿勢が転職エージェントに伝わり、

「この人は本気で転職活動に取り組んでいる」

という印象を持ってもらえれば信頼関係を築くことができます。

信頼関係を築くことができれば、何人もいる転職者よりも優先的にサポートをしてくれるでしょう。

【知っていると差がつく】転職エージェントの裏事情について
「無料で転職活動をサポートしてくれるなんて、何か裏がありそう」 「求人を紹介すると言った後、一切連絡がこなくなった」 「あまり転職したいと思わない企業に、応募するよう強く勧められた」 ケン ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました