【口コミ情報あり】転職エージェントが使えない理由とその対処法について

転職エージェント

「転職エージェントに相談をしたら、マジ使えない」

「紹介してくる企業案件のミスマッチが多い」

「担当のキャリアアドバイザーから、連絡が全然こない」

 

ケン
ケン

今回は転職エージェントが使えないと感じる理由について解説していきます

この記事を読めば、転職エージェントが使えないと感じる原因、使えない転職エージェントの対処法について学ぶことができるようになります

 

 

1. 担当のキャリアアドバイザーが使えない理由について

 

転職エージェントを利用したことのある方から

「対応が機械的」

「連絡がこない」

「しつこい」

など、いくつかの不満の声あります。

この

「キャリアアドバイザーが使えない」

と感じる理由について順番に説明していきます。

 

 

1-1.対応が機械的

 

「担当のキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれない」

「紹介する企業案件が自分の希望条件にマッチしていない」

など、キャリアアドバイザーの対応が事務的に感じられる。

通常、キャリアアドバイザーは1人だけではなく複数の求職者を同時に担当しています。そのため、すべての求職者を平等に扱くことができず、どうしても

「早く転職したい」

というような熱意が感じられる求職者を優先させてしまいます。

 

担当のキャリアアドバイザーが事務的な対応をしてくる場合、自分から積極的に動き、

「自分は早く転職したい」

という思いを伝えることが大切です。

 

1-2.希望する企業案件を紹介しない

 

例えば、

「営業職から、Webマーケターに転職したい」

と思ってキャリアアドバイザーに相談をしても、条件にマッチしない案件ばかり紹介される。

この場合、求職者の希望条件に合うような企業案件がないことが考えられます。

もしくは、求職者が転職したいと考えている業界や職種に対して担当者の知識が不足していることも考えられます。

 

このようなミスマッチが起こらないためには転職エージェントに登録するとき、備考欄に

「○○業界・〇〇職種への転職を希望」

と記載するようにしましょう。

また、最初の面談できちんと履歴書や職務経歴書を記載しておけばこれまでの職歴や経験を踏まえたうえで将来のキャリア形成について相談に乗ってくれますので、希望に合うような企業案件も紹介されやすくなります。

 

1-3.一度に紹介してくる企業案件が多い

 

「担当のキャリアアドバイザーが一度に数十社の企業案件を応募するように提案をしてくる」

このように、「一度にたくさんの企業に応募させる」というキャリアアドバイザーは多数います。

もし一度にたくさんの企業に応募してほとんどの書類が通過したとき、面接対策の準備や時間の調整で大変になります。

この場合、まずは数社だけ応募し、どのくらい書類が通過するのか様子を見てから必要に応じて応募しましょう。

ただし未経験の業界や職種に転職をしたい場合、ハードルが高くなってしまうため書類の通過率は通常に比べて下がってしまいます。その場合は一度に複数の企業に応募する必要があります。

転職の書類選考なぜ落ちる? | 通過率を上げるためのポイントについても解説
「転職活動で書類選考すら通らない。なんでこんなに落ちるんだろう?」 「転職エージェント使って転職された方はだいたい何社くらい応募したの?」 「応募したけど、連絡がこない・・・」 「書類選考は通常どのくらいの期間を要...

 

1-4.連絡がこない

 

「最初の面談でヒアリングを行った後、担当のキャリアアドバイザーから連絡がこない」

この場合、希望条件に対して紹介できる案件がほとんどない可能性が考えられます。

希望条件をもっと緩め、改めて担当のキャリアアドバイザーに相談をしてみましょう。

また、それぞれの転職エージェントによって扱っている企業案件は変わってきます。他の転職エージェントにも登録をし、多くのキャリアアドバイザーから希望条件に合う案件を紹介してもらうように相談をしてみましょう。

 

1-5.連絡が多くてしつこい

 

「担当のキャリアアドバイザーからの連絡が多くてしつこい」

このような場合、キャリアアドバイザーから

「この人は転職できる可能性が高い」

と思われていることが多いためです。他にも、キャリアアドバイザーのノルマ達成のために早く転職をさせたいといった事情が考えられます。

早く転職を実現したい人にとってはありがたいキャリアアドバイザーかもしれません。しかし

「紹介する企業案件が自分の希望条件にマッチしていない」

「ゆっくり転職先を決めたい」

と思っている場合は素直にキャリアアドバイザーにその思いを伝えるようにしましょう。

 

 

2. キャリアアドバイザーが使えない根本的な原因

 

キャリアアドバイザーが使えない理由について、根本的な2つの原因が存在します。

その原因について説明していきます。

 

 

2-1.キャリアアドバイザーには「ノルマ」が存在する

 

転職エージェントの場合、求職者が転職に成功したときに企業側から年収の約30%分の紹介料がもらえる「成功報酬型」のビジネスモデルになっています。つまり、求職者が転職に成功しなかった場合、どんなに手厚いサポートを行っても紹介料をもらうことができません。

紹介料を得るため、各担当のキャリアアドバイザーには「ノルマ」が存在します。

そのノルマ達成のため、早く転職が実現できそうな人や高年収が期待できそうな人を優先させる傾向にあります。

そのため、なかなか転職が実現できそうにない求職者はサポートが後回しになってしまい

「連絡がこない」

「対応が機械的」

といった不満につながるのです。

担当のキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けるためにも

「この人は絶対に転職できる」

「早く転職させてあげたい」

と思われることが大切です。

 

2-2.担当するキャリアアドバイザーの実力や相性などの問題

 

大手企業のような転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーは数千人になることもあります。

これだけの人数になると、キャリアアドバイザーの実力にも差が出てきます。

そのため、担当したキャリアアドバイザーによっては業界に対する知識不足や求職者との相性や考え方が合わないといった問題が生じてしまうことがあります。

そのため、十分なサポートを受けることができず、

「使えないキャリアアドバイザー」

といった不満につながるのです。

 

 

3. キャリアアドバイザーが使えない場合の対処法について

 

担当のキャリアアドバイザーが使えない場合、主に2つの対処法があります。

 

 

3-1.複数のエージェントに登録をする

 

転職エージェントを利用する場合、1社だけではなく複数登録しましょう。

なぜなら、それぞれの転職エージェントによって得意とする分野や扱っている企業案件が変わるためです。

複数の転職エージェントに登録をしておけば、多くの求人に巡り合えたり、その転職エージェントが得意とする分野のサービスを受けることができるため転職活動に対する選択肢が広がります。

 

転職エージェントを利用する場合、1社だけではなく複数登録しましょう。
なぜなら、それぞれの転職エージェントによって得意とする分野や扱っている企業案件が変わるためです。
複数の転職エージェントに登録をしておけば、多くの求人に巡り合えたり、その転職エージェントが得意とする分野のサービスを受けることができるため転職活動に対する選択肢が広がります。

私の経験では、自分から積極的に動いたほうがいい結果が出る気がします。

言い方はおかしいかも知れませんが、自分がエージェントを動かす気持ちで要望等言うのもありです。
でもやっぱりエージェントの合う合わない、自分の分野(職歴)の得意不得意もあるので、これは駄目だなぁと思ったら、他社エージェントに乗り換えるのもありです。
会社によってけっこう違うので。

 

yahoo知恵袋から引用

 

エージェント3社利用して30社ほど応募しました。
私も書類選考から殆ど通りませんでした。

主にリクルートエージェントを利用しており、アドバイザーの方に書類をチェックしてもらっていました。「特に問題ない」とのことでしたが、なかなか書類審査が通らなかったのでハローワークに持っていきました。
ハローワークの担当者は元々企業の人事部にいて何千人もの書類を見てきたそうで、リクルートのアドバイザーより納得のいくアドバイスを頂きました。
ですので、質問者様も一度別の方に見ていただいたらいかがでしょうか?

 

yahoo知恵袋から引用

 

また、こちらの記事では複数の転職エージェントに登録をするメリットについて取り上げています。

【口コミ情報あり】転職エージェントに複数登録するべき理由と上手な活用法について
「転職エージェントは1社だけ登録した方がよいの? それとも、複数登録した方がよいの?」 「複数登録するなら、何社くらい掛け持ちした方がよいの?」 「転職エージェントを複数併用した場合、注意する点はありますか?」 ...

 

3-2.担当者を変更してもらう

 

キャリアアドバイザーによっても得意とする業界や分野があります。また、彼らも人なので求職者との相性の問題もあります。

現在の担当者に不満がある場合は別の担当者に変更を依頼しましょう。

 

別にそこだけが転職エージェントではありません。ラーメン屋と同じです。自分の好みに合う所を探せばいいんです。
転職エージェントの中小~零細会社には、じっくり話を聞いて、わかりやすい情報をくれ、自分に合ったペースに付き合ってくれる所もあります。それに、どこの会社でも誰でも推薦できる仕事(ブラックから成長を目指す現時点でホワイトまで)を持っています。
極端なことを言うと、エージェントに相談して、履歴書・経歴書の作成を手伝ってもらうくらいに気楽に行ってみることも可能です。それには、まずは自分に合いそうなエージェントを選ぶ事ですが…

 

yahoo知恵袋から引用

 

だだし、担当者を変更するときには角を立てないように注意しましょう。下記の記事では角を立てずに担当者の変更を依頼するやり方について取り上げています。

【8つの例文つき】角をたてない転職エージェントの断り方
悩む男性 「他社から内定をもらったので、面接を辞退したい」 「条件が悪いので、内定を辞退したい」 「予定していた面談を断りしたい」 ケン このような悩みを抱えている方のために、今...

コメント

タイトルとURLをコピーしました