【5つのステップで解説】転職エージェントの上手な使い方

転職エージェント
悩む男性
悩む男性

「転職エージェントの仕組み(使い方)がよくわかりません」

「転職エージェントって、どんなサービスを提供しているの?」

「転職エージェントをうまく使うコツって?」

 

ケン
ケン

今回は転職エージェントの賢い使い方について解説していきます

この記事を読めば転職エージェントの登録から内定をもらうまで、各ステップごとに賢く使うためのコツがわかるようになります

 

 

1. 転職エージェントとは

 

転職エージェントは、転職を希望する求職者と企業をマッチさせる人材紹介会社になります。

転職エージェントでは求職者の転職活動のために書類の添削や面接の対策など、さまざまなサポートを行います。

転職エージェントとは? | メリットや注意点についても解説
「転職エージェントってどんなサービスなの?」 「転職エージェントを利用するメリットって何?」 「転職エージェントの利用は無料って聞くけど、何か裏があるの?」 ケン 今回は、転職エー...

 

 

2. 転職エージェントを利用したときの流れについて

 

転職エージェントを利用したとき、登録から内定・入社まで5つのステップがあります。

それぞれのステップごとに担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

ステップ1.転職エージェントへの登録

  

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面接・企業案件の紹介

  

ステップ3.応募・必要書類の作成

  

ステップ4.面接の対策

  

ステップ5.企業からの内定・入社

それでは、各ステップごとに賢く使うためのコツについて順番に説明していきます。

 

ステップ1.転職エージェントへの登録

 

Web上で転職エージェントのホームページにアクセスした後、必要事項を入力します。

その後、面談の日程についてメールか電話にて連絡が届きます。

面談をスムーズに進めるために、次の2つについて準備しておきましょう。

 

ステップ1-1.履歴書と職務経歴書を送っておく

 

あらかじめ、履歴書と職務経歴書を送っておきましょう。

事前に履歴書と職務経歴書を送っておけば担当者も準備して臨むことができますので、スムーズに面談を進めることができます。

履歴書と職務経歴書は面談前に完成させておくことが望ましいのですが、それが難しい場合は書ける範囲だけでも書いておきましょう。

 

ステップ1-2.希望条件を伝えておく

 

✔ 「どんな仕事がやりたいのか」

✔ 「希望の年収」

✔ 「希望勤務地」

など、転職先に求める条件についてもあらかじめ伝えておきましょう。

そうすれば、面談時に希望条件に合った企業案件を紹介してくれます。

 

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談・企業案件の紹介

 

転職エージェントに登録後、キャリアアドバイザーとの面談が行われます。また、企業案件の紹介も行われますので、賢く使うための方法についてご説明します。

 

ステップ2-1.転職したい理由を明確にする

 

面談前に、転職したい理由を明確にしておきましょう。

その理由を担当のキャリアアドバイザーに伝え、そこからどんなキャリアを築いていきたいのか一緒になって考えていきます。

また、

「絶対に転職したい」

という熱意が伝われば、キャリアアドバイザーのモチベーションがアップしますので親身になって相談に乗ってくれます。

もし転職したい理由が漠然としていた場合、これまでの職歴から将来どんなキャリアを目指すことがベストなのか、一緒になって考えていきます。

 

ステップ2-2.言いにくい理由があっても、隠さずに話す

 

「転職回数が多い」

「リストラされた」

など、例え言いにくいことでも包み隠さず正直に話すようにしましょう。

 

正直に話すとキャリアアドバイザーが面接のときに

「どう伝えればよいのか」

のアドバイスをもらうことができます。

 

ステップ2-3.面談時に注意すること

 

面談のとき、現在勤めている会社の不平不満を口にしてはいけません。また、複数の転職エージェントを利用している場合、他のキャリアアドバイザーへの不平不満も口にしてはいけません。

不平不満を口にすると、あなたの印象が悪くなってしまいます。

 

ステップ2-4.企業案件の紹介について

 

面談でこれまでの職歴や経験、スキルなどについてのヒアリングを行い、希望に合う企業案件があるといくつか紹介してもらえます。

ただし、事前に履歴書や職務経歴書を送付しておかないと担当のキャリアアドバイザーも面談当日までに準備しておくことはできません。注意して下さい。

 

ステップ3.応募・必要書類の作成

 

応募企業が決まると履歴書や職務経歴書などの必要書類を作成し、そして応募します。

応募書類が選考通過するためにも、次の3つのポイントに注意しましょう。

 

ステップ3-1.履歴書や職務経歴書の添削

 

転職エージェントではこれまでに多くの求職者をサポートしていますので、企業に対するデータを保有しています。

履歴書や職務経歴書を作成する際、キャリアアドバイザーのアドバイスにもとづき、しっかり企業にアピールができるように書類の添削を行います。

 

ステップ3-2.推薦状の送付

 

転職エージェントでは応募の際、求職者の魅力が伝わるように書類と一緒に「推薦状」も送付します。

これによって、書類の選考率がアップするのです。

 

ステップ3-3.日程の調整

 

通常、転職活動は複数の企業に応募します。

その際、面接の日程が重ならないように担当のキャリアアドバイザーに調整をしてもらいましょう。

日程調整に失敗してしまった場合、第一志望企業の面接結果が出る前に第二志望企業の内定が決まってしまうかもしれません。

このとき、第一志望企業の面接をあきらめて第二志望企業の内定を承諾するか、第二志望企業の内定を辞退して第一志望企業の面接を受けるかの決断をすることになります。

そうならないためにも、日程調整には気をつけましょう。

 

ステップ4.面接の対策

 

応募書類が選考通過すると、次は面接の対策を行います。

経験豊富なキャリアアドバイザーが内定に向けて、あなたをサポートしてくれます。

 

ステップ4-1.模擬面接の実施

 

転職エージェントではこれまでに多くの面接対策を行っています。

そのため、質問事項も含めて本番の面接でしっかりアピールできるように模擬面接を実施してくれます。

中小の転職エージェントの場合だと個別で模擬面接を実施してくれることが多いものの、大手の転職エージェントの場合だと登録者も多いのでまとめて実施されることが多いようです。

 

ステップ4-2.面接後もフォローしてくれる

 

うまく面接でアピールすることができなかった場合、不採用になってしまう恐れがあります。

その場合、担当のキャリアアドバイザーに相談をすると面接官に個別で連絡を取り、うまくアピールできなかったポイントをあなたに代わって伝えてくれます。

面接後に行われるキャリアアドバイザーのフォローが選考通過につながることも多々あります。

 

ステップ4-3.面接後はフィードバックを確認

 

転職エージェントでは、面接後に企業からのフィードバックをもらうことができます。

担当のキャリアアドバイザーを通し、

✅ 「評価点」

✅ 「懸念点」

を確認しておきましょう。

特に、懸念点については重要です。

なぜなら、次回の面接までに改善を行う必要があるためです。

次回の面接までにきちんと改善を行い、うまく自分をアピールできるように修正しましょう。

 

ステップ4-4.給与の交渉

 

面接中は給与について気になることがあっても、面接官の顔色を伺うためなかなか言い出せません。

しかし、キャリアアドバイザーなら面接後にあなたに代わって企業側と交渉を行ってくれます。

 

ステップ5.企業からの内定・入社

 

内定後は「契約期間」「労働条件」「賃金」「雇用形態」などが記載された雇用契約書(採用通知書や内定通知書などとも呼ばれている)が送られます。

応募時や面接時のときと内容が変わっていないかしっかり確認を行いましょう。もし、疑問点や不満点があれば、担当のキャリアアドバイザーを通して確認してもらいましょう。

内定を承諾するか辞退するかについては1週間ほどの期限がありますので、その期間までに決断をするようにしましょう。

内定を承諾した場合、転職エージェントでは現在勤めている会社をうまく円満退職ができるようにサポートも行ってくれます。

【手順も解説】波風を立てず円満退職する方法
今の会社から別の会社へ転職が決まった できれば、今の会社で波風を立てず円満に転職したい その場合、何って言えばいいんだろう?どうすればいいんだろう? ケン 会社を退職すり場合、退職...

 

 

3. 転職エージェントは、複数登録がおすすめ

 

転職エージェントは1社だけではなく、複数登録しておきましょう。

なぜなら、それぞれの転職エージェントによって扱っている分野や得意とする業界、ターゲット層などが変わってくるためです。

複数の転職エージェントに登録しておけば、各社が得意とする分野やサービスを幅広く利用することができます。

【口コミ情報あり】転職エージェントに複数登録するべき理由と上手な活用法について
「転職エージェントは1社だけ登録した方がよいの? それとも、複数登録した方がよいの?」 「複数登録するなら、何社くらい掛け持ちした方がよいの?」 「転職エージェントを複数併用した場合、注意する点はありますか?」 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました