年収ダウンしても転職した方がよい6つのケース

年収
悩む男性
悩む男性

「今の会社は残業が多い。転職先から内定をもらったけど、年収が下がってしまう・・・」
「違う業界でキャリアチェンジしたいけど、年収が下がってしまう・・・」
「年収がダウンしても、転職するメリットってあるのだろうか?」

 

ケン
ケン

このような悩みを疑問をお持ちの方のために、今回は年収がダウンしても転職して良いケースについてご紹介します

この記事を読めば、「年収がダウンしても、転職した方がよいケース」「転職したことで後悔してしまうケース」「年収がダウンしたときの対策」などについて理解することができるようになります。

 

 

1. 年収がダウンしても、転職した方がよいケース

 

多くの人は「年収アップ」を目的に、転職します。しかし、場合によっては転職をすることで年収が下がってしまうこともあります。

仮に年収がダウンしても、

✅ 「挑戦したい」

✅ 「実績に対してきちんと評価されたい」

✅ 「スキルアップしたい」

といった目的がはっきりしているなら、将来的に年収のアップが期待できます。

ここでは、年収がダウンしても転職すべきケースについてご紹介します。

 

 

1-1.未経験の業界や職種で挑戦したい場合

 

未経験の業界や職種で挑戦する場合、これまでの経験やスキルを生かすことはできません。そのため、一から学び直す必要があります。

そのための教育コストも会社側が負担しますので、年収はダウンしてしまいます。

しかし、新しい業界や職種でしっかりとスキルや経験を積むことができれば将来的に年収のアップが期待できます。実績が評価されれば、同業他社への転職も実現することができます。

 

1-2.憧れの企業や経営者と一緒に仕事ができる場合

 

企業の方向性や理念に共感できたり、尊敬できる経営者と一緒に仕事ができるチャンスがあれば、年収がダウンしても転職をすることはありだと思います。

憧れの会社や尊敬できる経営者と一緒に仕事をすることができればモチベーションアップにもつながりますので、しっかりスキルや経験を積むことができます。

高いスキルや実績が評価されれば、将来的に年収アップを目指すこともできます。

 

1-3.ベンチャー企業で挑戦する場合

 

創業間もないベンチャー企業は資金が少ないため、社員に十分な給与を支払うことができません。そのため、年収は下がってしまいます。

しかし社員の年齢は比較的若く、自分の意見が通りやすい。また、新たな事業にも積極的に挑戦しますので個人の裁量が大きいといった特徴があり、

✅ 「新規事業の挑戦」

✅ 「新たな顧客開拓」

✅ 「組織作り」

などの重要なプロジェクトを任せてもらえるチャンスにも恵まれていますので、貴重なスキルを身につけることができます。

 

1-4.成果主義の会社で挑戦する場合

 

成果主義の会社に転職した場合、一時的に年収は下がってしまうかもしれません。しかし、入社後にしっかりと実績を作ることができれば、それに対して年収も上がっていくことが期待できます。

定期的に評価面談を設けている会社なら、実績をアピールする機会も増えますのでスピード出世が期待できます。

 

1-5.成長産業の会社で挑戦する場合

 

転職によって年収が下がったとしても、将来的に市場が大きく成長する業界へ転職することは魅力的です。

市場として登場した段階では誰にも注目されていません。しかし、その段階でしっかりスキルや技術を磨き、みんなが注目し始めたときにはその業界で名が知られる存在になっていれば、年収も大幅にアップすることが期待できます。

 

1-6.社員教育に力を入れている会社へ転職する場合

 

社員の教育に力を入れている会社の場合、スキルアップが目的なら年収が下がっても転職するのはありです。

多くの研修を設けている会社なら、それだけ社員の教育に費用をかけていますので、下がった年収以上のスキルを学ぶことができるかもしれません。そして、学んだスキルや経験を生かし、将来的にしっかりとスキルアップやキャリアアップを実現することができれば年収アップも期待することができます。

 

 

2. 転職したことで後悔してしまうケース

 

転職を実現したものの、

悩む男性
悩む男性

「想像していた仕事内容と違った」

「職場環境が合わなかった」

といった場合は年収が下がってまで転職したことを後悔してしまいます。

ここでは、後悔してしまう転職のパターンをご紹介します。

 

 

2-1.想像していた仕事内容と違っていた場合

 

想像していた仕事内容と違っていた場合、年収を下げてまで転職したことを後悔してしまいます。

例えば、

「企画の仕事がやりたかったのに、営業の仕事を担当された」

「経理の仕事がやりたかったのに、人事を担当された」

など。

そのようなミスマッチが起こらないよう、内定後は労働条件通知書や採用担当者に仕事内容を確認するようにしましょう。

 

2-2.職場環境が合わない場合

 

転職後に職場環境が合わず、体を壊してしまった場合は年収を下げてまで転職したことを後悔するかもしれません。

例えば、

悩む男性
悩む男性

「シフト制の勤務形態に変わった」

「定時勤務から、残業が多くなった」

など。

仕事を続けていればそのうち慣れてくるかもしれません。しかし、どうしても続けることが困難な場合は上司に相談をしましょう。

 

2-3.想像以上に生活が苦しくなった場合

 

転職によって年収のダウンは想定していたものの、想像以上に生活が苦しくなった場合は後悔をしてしまうかもしれません。

年収ダウンによってお金に余裕がなくなれば心にも余裕がなくなってしまいます。そうなると、ストレスによって業務に支障が出てくるかもしれません。

年収がダウンした場合は、生活水準の見直しを行いましょう。

 

 

3. 年収ダウンによる問題とその対策について

 

転職によって年収がダウンしてしまう場合、これまでの生活費を見直す必要があります。また年収のダウンは家計の生活にも関わってきますので、家族に理解してもらう必要があります。

ここでは、年収ダウンによる問題とその対策についてご紹介します。

 

 

3-1.生活費を見直す

 

年収がダウンした後もこれまでと変わらない生活を続けていたら、家計が赤字になってしまいます。

まずは、「何に、いくら使ったか」を分析してみましょう。その中で無駄な費用を削減したり、固定費の見直しを行いましょう。

スマホや交際費、自動車に多くに費用をかけていないでしょうか? 家賃についても、もっと安いところに引っ越した方が費用対効果は大きいかもしれません。ある程度の年収アップが実現するまでは実家暮らしがよいかもしれません。

 

3-2.家族に納得してもらう

 

年収のダウンは家計の生活に直結しますので、家族からの反対もあります。

年収がダウンしてもやりたい仕事なのか、また将来的に年収アップを実現することができるのかしっかり家族と話し合いましょう。

話し合いの結果家族に納得してもらえればよいのですが、将来的にも年収アップが期待できず家計が苦しくなる状況が続くなら転職は見直した方がよいかもしれません。

 

 

4. 一歩が踏み出せない場合は、転職エージェントに相談してみる

 

転職したいけど、年収のダウンが不安で一歩が踏み出せないという方は転職エージェントに相談をしてみましょう。

転職エージェントならプロのキャリアアドバイザーが、相談に乗ってくれます。

相談をすることによって、

「この業界に転職をしたら、年収はこのくらいになります」

というアドバイスをもらうことができますので、一人で悩む必要はありません。また、求職者の転職活動を全般的にサポートしてくれます。

料金は一切かかりません。登録は無料です。

転職エージェントとは? | メリットや注意点についても解説
「転職エージェントってどんなサービスなの?」 「転職エージェントを利用するメリットって何?」 「転職エージェントの利用は無料って聞くけど、何か裏があるの?」 ケン 今回は、転職エー...

 

5. まとめ

 

もし中長期的な将来を見据え、「やりたいこと」の目的がはっきりしているなら一時的に年収がダウンしても転職してみる価値はあると思います。

きちんとした目的で転職をすれば、例え一時的に年収がダウンしたとしても、納得した気持ちで仕事に取り組むことができます。

しかし「現状の不満」から転職をする場合は一度冷静に考えてみてください。もし、そんな状態で転職をして年収がダウンしたとき、

悩む男性
悩む男性

「あのとき、こうすればよかった」

と後悔をしてしまいます。

「現状の不満」がある方は、その不満を解決する方法を模索した方がよいかもしれません。

 

年収アップを目指すためには、企業側との給与交渉も必要になります。

転職での給与交渉はOK | 年収アップのポイントと注意点について解説
悩む男性 「転職時の給与交渉は失礼になるだろうか?」 「給与交渉は、どのタイミングがいいのだろうか?」 ケン 結論として、企業側との給与交渉はOKです 今回は給与交渉を行うタイミ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました