【失敗したくない人、必見】転職のメリット・デメリットについて

転職
悩む男性
悩む男性

「転職すると、収入はどうなるの?」

「転職すると、人間関係はどうなるの?」

「転職することって悪いことなの?」

 

ケン
ケン

転職をするとき、「収入面」「人間関係」「仕事のやりがい」など、気になることはたくさんあると思います

今回は転職のメリット・デメリットについて解説していきます

もし、転職に不安を感じている方はこの記事を参考にしてみてください

 

 

1. 収入のメリット・デメリットについて

 

モチベーションが上がらない職場から、やりがいのある職場へ転職することができれば、モチベーションのアップにつながります。そのような環境ではスキルが身につけやすいので、収入アップにつなげることができます。

また、前の職場が一般の給与相場と比べて低かった場合、転職によって収入のアップが見込めるようになります。

しかし、「未経験の業界へ転職」する場合や「給与水準が高い業界から、給与水準が低い業界へ転職」する場合は、収入が下がってしまう可能性があります。

また転職をすることによってもらえる年金や退職金が少なくなってしまいますので、生涯年収は少なくなってしまうかもしれません。

転職するタイミングによっては、もらえるボーナスを取り損ねてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

 

2. 社会的信用のメリット・デメリットについて

 

大手企業に転職することができれば、社会的信用は高くなります。

しかし、一般的な企業に転職したばかりで勤続年数が短い場合、ローンの審査が通りにくくなります。

大手企業だと勤続年数が短くても社会的信用が大きいため特に問題はありませんが、一般的な企業だと審査が厳しくなりますので、大きな買い物を予定している人はよく検討をしたほうがよいと思います。

 

 

3. 大手企業のメリット・デメリットについて

 

大企業は給与が高いことに加えて各種手当も充実し、例え業績が悪かったときでもボーナスが支給されることが魅力的です。

社会的な信用も厚く中小企業に比べると業績も安定しているため、倒産のリスクは少ないといえます。

一方、大企業の場合は関連部署が多いため新しい事業に挑戦するときも、決定するまでに時間がかかってしまいます。

社歴が長く独自の社風が浸透していることが多いため、中小企業に比べると柔軟性に欠けているといえます。

 

 

4. 中小企業のメリット・デメリットについて

 

中小企業の場合は社員が少ないため1人あたりの裁量も大きく、多くの業務に携わることができます。

また、新しい事業に挑戦する場合も決定するスピードが早いといったメリットがあります。

一方、大企業と比べて同じ業務内容でも給与が低く、業績が悪い場合はボーナスが支給されないこともあります。

大企業に比べると資金は少なく、赤字業績が続いた場合は倒産のリスクもあります。

 

 

5. ベンチャー企業のメリット・デメリットについ

 

ベンチャー企業は創業したばかりなので全体的に社員は若く、自由度が高いといえます。

新しい事業にも挑戦しながら会社も成長していきますので、会社の成長とともに自分自身も成長できるチャンスに恵まれます。

給与については「ストック・オプション」制度を導入している会社もあり、自社の株式が一般公開されると、一攫千金のチャンスがあります。

しかしベンチャー企業は資金に乏しく、事業に失敗してしまうと倒産のリスクが極めて大きいといえます。給与も安く、株式公開ができなければこれまでの苦労は報われません。

ベンチャー企業で働くということは、ハイリスク・ハイリターンともいえます。

 

 

6. 人事評価のメリット・デメリットについて

 

新しい職場で働くということは人事評価が一からスタートするということでもあるため、前の職場で評判が悪かった場合は再チャレンジすることができます。

また、中途採用の場合は「即戦力」を求められていますので転職後は重要なポジションを任せられることがあります。

しかし、新しい職場でのスタートはこれから信頼を築いていかなければならず、周りの人に認めてもらうためにも、少しずつ実績を重ねていく必要があります。

 

 

7. 資格のメリット・デメリットについて

 

仕事に直結する資格を保有している場合、会社側はそれを評価してくれます。

仮に、仕事に直結するような資格を保有していなくても、例えばワードやエクセルの資格を保有していれば、

「パソコンができるんだな」

など、会社側に自分をアピールすることができます。

しかし、会社が求めるのは仕事に対する能力であり、保有している資格の多さではありません。逆に、保有している資格が多いと

「資格マニア」

と担当者に思われてしまう可能性があります。

 

 

8. 転職回数が多いことのメリット・デメリットについて

 

転職回数が多いということは、それだけ「多くの会社に必要とされる人材」であるということでもあります。

転職を重ねて様々な会社を経験していくうちに、「自分はどこでもやっていける」という自信にもつながります。

また、転職回数が多いということは様々な会社を経験してきたということでもあり、「幅広く知識やスキルを学んできた」ということでもあります。

しかし、転職回数が多いことが人事に評価されるとは限りません。逆に、転職回数が多いというだけで、採用を見送る会社も存在します。

また転職のたびに、新たな職場で人間関係を築き、仕事を覚えないといけないため、それに費やす労力も大変です。

 

 

9. 転職を経験するメリット・デメリットについて

 

一つの会社のみしか経験しない場合、自分自身の社会的な立ち位置がわかりません。しかし、転職をすることでそれがわかるようになります。

また、転職によってさまざまな職場を経験することで幅広いキャリアと人脈を築くことができ、人生の選択肢の幅が広がっていきます。

しかし、転職回数が多いと将来的にもらえる退職金や年金が減ってしまい、ボーナスをとり損ねてしまう恐れがあります。

新たな職場に移るためにも引っ越しの費用が発生する場合もあり、金銭的には損をする可能性があります。

 

 

10. 転職エージェンを利用するメリット・デメリットについて

 

転職エージェントは求職者の転職活動をサポートしてくれる人材紹介会社です。例えば、求職者の希望条件に合った企業案件を紹介してくれたり、書類選考や面接対策のサポートも行ってくれますので、忙しくて時間がとれない人の助けになってくれます。

また、転職エージェントの紹介料は求職者の想定年収の約30%になりますので、なるべく給与が高い企業に転職が決まるように協力してくれます。

しかし、転職エージェントは求職者が転職に成功しなければ紹介料をもらうことができないため、評判が悪い企業に転職させようとするキャリアアドバイザーも中には存在します。

もし、そのようなキャリアアドバイザーが担当者になってしまった場合は別の転職エージェントを利用するか、他の担当者に変更してもらいましょう。

転職エージェントとは? | メリットや注意点についても解説
「転職エージェントってどんなサービスなの?」 「転職エージェントを利用するメリットって何?」 「転職エージェントの利用は無料って聞くけど、何か裏があるの?」 ケン 今回は、転職エー...
【転職で絶対に失敗したくない人必見 】転職すべきでない人の特徴
「今の会社は残業が多いので転職したい。けど、新しい職場の人間関係に馴染めなかったらどうしようと不安で、迷っている」 「転職先の会社は今の仕事内容より条件がいい。けど、給与が下がるのがネック。転職するべきだろうか?」 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました