【電話・メールの例文あり】転職で内定辞退のやり方について

転職
悩む男性
悩む男性

「内定をもらって辞退する場合、何日以内に連絡しないといけないの?」
「内定を辞退するとき、電話とメールどちらで伝えるべきなの?」
「内定を辞退するとき、損害賠償を求められることってあるの?」

 

ケン
ケン

内定を辞退する場合、誠意をもって対応することが大切です

 

今回は内定辞退のやり方について解説します

この記事では電話やメールで内定辞退をする方法や、波風を立てずに辞退するために気をつけたいポイントなどについて解説していきます

 

 

1. 就職内定辞退率は61.6%

 

2019年9月11日に発表した株式会社リクルートキャリア就職みらい研究所の調査によると、大学生の就職内定辞退率は61.6%、10人のうち約6人は一度内定を辞退していることになります。

ちなみに、2社以上の内定を獲得した学生は61.9%になるそうです。

ケン
ケン

以外にも、一度内定を辞退している人は多いのですね

 

多くの場合1社だけではなく複数の企業へ応募することが通常なので、2社以上から内定をもらった場合、第一志望でない企業の内定はどうしても辞退することになるわけです。

この場合、採用してくれた企業側には申し訳ないけど、内定を辞退することは仕方のないことといえます。

 

 

2. 法的に、内定を辞退することは可能

 

入社日までなら内定を辞退することは可能です。

内定をもらったあと、企業によっては「内定受託書」や「入社受託書」といった書類の提出を求める場合があります。

しかし、これらの書類をすでに署名・提出したからといって内定を辞退できないわけではありません。なぜなら、法的な拘束力がないためです。

辞退したからといって損害賠償を求められることはありません。

もし、内定を辞退する場合は誠意を込めて謝罪の気持ちを担当者に伝えるようにしましょう。

担当者も応募者が複数の企業を受けていることは承知しています。

内定を辞退する場合、どうしても気が引けるからといってそのまま音信不通になることは社会人としてマナー違反です。きちんと連絡をしましょう。

 

 

3. 第一志望の企業以外から先に内定を頂いた場合は、「保留」を

 

もし、複数の企業を受けて第一志望の企業以外から内定をいただいた場合、内定を「保留」してもらいましょう。

内定を保留してもらう場合、待ってもらえる期間は約1週間、長くて2週間前後と言われています。

ただし、「急募」で求人を出した企業の場合、そこまで待ってもらえない可能性もありますので注意して下さい。

【例文付き】転職の内定保留の伝え方 | 正直に話してOK
悩む男性 「内定保留をすると、企業側からの印象が悪くなるの?」 「内定保留をする場合、どのくらいまで待ってもらえるの?」 「どのタイミングで内定保留のお願いをしたほうがいいの?」 「内定保留をお願いするとき、何て...

 

 

4. 内定を辞退する場合は、早めの連絡を

 

もし、内定を辞退することが決まった場合は、1日でも早く担当者に連絡をしましょう。それが、最低限のマナーです。

企業側はあなたを採用するために研修資料を準備したり、備品を準備したり、別の部署といろいろな調整を進めています。

そのことに対して、誠意の気持ちを込めて伝えるようにしましょう。

 

 

5. 内定の辞退は、電話連絡がベスト

 

内定を辞退する場合、電話とメールの方法がありますが、直接相手に誠意を伝えるためにも電話が最も適していると言えます。

電話をかけるタイミングですが、相手に迷惑をかける時間帯は避けるべきです。始業開始前後と定時前後、そして昼時の時間は避けましょう。

また、辞退することの旨を伝えるとき

「他の会社から内定を頂きましたので、御社の内定を辞退させて下さい」

という風にストレートに伝えるのはNGです。

 

この場合、素直に理由を伝えるのではなく

「家族といろいろ相談をしたのですが、誠に勝手ではございますが今回の内定を辞退させて下さいと」

 

というようにはっきりとした理由は伝えない方法がベストです。

そして、誠意と迷惑をかけて申し訳ないという気持ちで伝えるようにしましょう。

内定を辞退する理由について詳しく訪ねてくる企業はあまりいませんが、万が一に備え、きちんと説明できるように準備しておきましょう。

 

 

6. 電話連絡で内定辞退を伝える場合

 

下記は電話連絡で内定の辞退をする場合の例文になります。参考にしてみてください。

お世話になっております。先日内定を頂いた〇〇〇〇と申します。

この度は面接のために貴重なお時間を作って下さり、誠にありがとうございました。

今回、家族とも十分に相談をしましたが、自分の将来のことも考えて非常に悩んだ末、誠に勝手ではございますが御社の内定を辞退させていただく、ご連絡いたしました。

御社には大変ご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

7. 来庁を求められた場合は、会って内定辞退の理由を説明

 

内定を辞退する場合、基本的に電話で伝えればよいですが、まれに担当者の中には会って直接話を伺いたいという方もいます。

その場合、先方に誠意を見せるためにも訪問して辞退の理由を伝えるようにしましょう。

担当者は決して、辞退したあなたを責めるのではなく、直接会って辞退した理由を聞き、そして自社の改善につなげたいという場合がほとんどです。

 

 

8. メールで内定辞退を伝える場合

 

もし、担当者が不在等で電話連絡ができない場合はメールで連絡をしましょう。

伝える場合は電話同様、誠意と迷惑をかけて申し訳ないという気持ちで伝えるようにしましょう。

下記はメールで内定の辞退をする場合の例文になります。参考にしてみてください。

株式会社〇〇〇 人事部
〇〇〇〇 様お世話になっております。

先日内定を頂きました〇○○〇と申します。

お電話にてご連連絡をいたしましたが、ご多忙のようでしたのでメールにて失礼いたします。

 

この度は内定のご連絡を誠にありがとうございます。

このようなうれしいご連絡を頂きましたが、家族とも十分に相談をして自分の将来のことも考えて非常に悩んだ末、誠に勝手ではございますが内定を辞退させていただく、ご連絡いたしました。

 

お忙しい中で書類に目を通し、そして面接を実施していただいたりと、貴重なお時間を割いてもらったにもかかわらず、ご期待に沿えず大変心苦しく思っています。

 

本来であれば直接お伺いしてお詫びをするべきところではございますが、メールでのご連絡となるところを、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。

 

末筆ながら、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。

 

 

9. 転職エージェントの紹介で内定辞退をする場合

 

もし、内定を辞退する企業が転職エージェントからの紹介だった場合、直接企業に連絡をするのではなく、エージェントの担当者に連絡をしましょう。

この場合、電話でもメールでも好きな方法で構いませんが、内定を辞退する決意をしたなら1日でも早く連絡をするようにしましょう。

また、エージェントに内定辞退の連絡をする場合はその理由を詳しく伝えるようにしましょう。

なぜなら、今後の企業選びの指標にするためです。素直に伝えることで希望に沿った求人が紹介されやすくなります。

また、辞退した理由が収入面等であった場合、エージェント側が企業と交渉をしてくれる場合もあります。

辞退をするときは、誠意の気持ちとお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

 

10. 内定の辞退は慎重に

 

「内定をもらったけど、想像していたよりきびしそう」

「家族と相談をしたら、やっぱり転職はあきらめた」

など、いろいろな事情から内定を辞退することもあると思います。

しかし、

「やっぱり、挑戦すればよかった」

「せっかくのチャンスを断って今でも悔やんでいる」

後で後悔しないように内定の辞退には慎重になってください。

 

大手企業に勤めている26歳の女性です。

昔から憧れていた会社の転職試験を受け、内定をもらいましたが、辞退をしました。理由としては年収が大きく下がるからです(現在400万→300万)。収入が下がることは想定していましたが、いざとなると転職を思いとどまってしまいました。

内定した仕事は、昔からやりたかった仕事だけに内定を辞退するか否か、悩みに悩みぬいた末の結論でした。

しかし、辞退したことにとても後悔をしています。掴んだチャンスを、手放した自分に腹が立ってなりません。また、辞退してから何もやる気がおきません。現職の仕事も頑張る気力がうせて、困っています。

このような経験をした方がいらっしゃいましたら、なにかアドバイスをお願いします。

 

教えてgoo!より引用

 

 

11. 後悔するくらいなら、もう一度チャンスをもらえないか確認する

 

もしあなたが一度もらった会社の内定を辞退し、そのことに後悔しているなら、その会社にもう一度チャンスをもらえないか連絡をしてみましょう。

担当者はあなたが辞退したことで他の人材を探していたり、そのための準備をしているかもしれません。

そして誠意を込めて謝罪をし、あなたの熱意が伝わればまたチャンスを与えてくれるかもしれません。

 

恥を承知で辞退した会社にもう一度お願いをしてみたらどうでしょうか。

私は経験あります。恥だけど後悔しているのは嫌な性格なので。

電話した時はどうしても働きたい!と熱意を伝えました。

その時は他に内定者が決まってしまったらしいのですが、ここまでやったのだから諦めがつきました。

担当の方には熱意が伝わり、もう少し早く連絡をくれれば・・との事でした。

それにただの内定辞退者じゃなくなるので、次回また応募しやすくなりますよね。

恥知らず者からのアドバイスでした。

 

教えてgoo!より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました