鍵山正和は脳梗塞で麻痺の後遺症?杖と車椅子を使う理由についても

鍵山正和は脳梗塞で麻痺の後遺症?杖と車椅子を使う理由についても スポーツ(男性)
鍵山正和は脳梗塞で麻痺の後遺症?杖と車椅子を使う理由についても

フィギュアスケート世界選手権で銀メダルを獲得した鍵山優真選手。父親である鍵山正和さんにも注目が集まっています。

鍵山正和さんも元フィギュアスケート選手で、現在は鍵山優真選手のコーチを務めています。

鍵山正和さんは46歳のときに突然倒れましたが、原因は脳梗塞という噂があります?また、脳梗塞が原因で麻痺の後遺症が残り、杖と車椅子生活を送っていることも気になります。

今回は鍵山正和さんが脳梗塞で倒れた噂についてや、後遺症の麻痺についてや杖と車椅子生活の理由について調べました。

 

 

鍵山正和が倒れた原因は脳梗塞?

鍵山正和さんは2018年6月、当時46歳のときに突然倒れました。原因は脳出血。

鍵山正和さんが突然倒れた原因について脳梗塞だという噂がありますが、正しくは脳出血になります。

脳梗塞も脳出血も脳に障害が起こることで発症する病気ですが、いずれにしても注意が必要です。

 

また、週刊誌も脳梗塞ではないことを次のように報じています。

家事もお父さんがすべて担当しており、朝練のときもお父さんに起こしてもらっていたそうです。しかし鍵山選手が中学3年生だった’18年に試練が訪れました。正和さんが脳出血のために入院してしまったのです。

女性自身より引用

鍵山正和さんは何とか一命はとりとめたものの、左半身麻痺の後遺症が残り現在はリハビリに励んでいます。

 

鍵山正和の後遺症は左半身麻痺

脳出血で突然倒れた鍵山正和さん。一命はとりとめたものの、左半身に麻痺が残ってしまいます。

鍵山正和さんは脳出血による左半身麻痺の後遺症で、左側の手足の麻痺と顔の麻痺が残っているそうです。

また麻痺による後遺症のため、

・近距離の移動には杖が必要

・長距離の移動には車椅子が必要

になっているそうです。

 

こちらが鍵山正和さんの様子を映し出した動画になります。

2019 Japanese Nationals Free program yuma kagiyama Kiss&Cry

動画の様子から、鍵山正和さんの左半身に麻痺が残っている様子が確認できます。

 

鍵山正和は歩行困難で杖が必要

鍵山正和さんは脳出血の後遺症により、左側の手足に麻痺が残っています。

歩行が困難な鍵山正和さんは、近距離の移動では杖が必要です。

 

次の3つの画像から、鍵山正和さんが杖を使っている様子が確認できます。

杖が必要な鍵山正和さん

杖が必要な鍵山正和さん

朝日新聞より引用

 

杖が必要な鍵山正和さん

杖が必要な鍵山正和さん

apceeeより引用

 

杖が必要な鍵山正和さん

杖が必要な鍵山正和さん

日刊スポーツより引用

 

ケン
ケン

杖を使っている様子から「鍵山正和さんは病気なの?」と気になる人も多かったようです

 

鍵山正和の長距離移動では車椅子が必要

また鍵山正和さんは脳出血の後遺症による麻痺の影響で、長距離の移動では車椅子が必要です。

 

車椅子に乗る鍵山正和さんの姿

車椅子に乗る鍵山正和さんの姿

日刊スポーツより引用

フィギュアスケート世界選手権で銀メダルを獲得した鍵山優真選手。帰国する際は車椅子を使って鍵山正和さんの移動を助けています。

ケン
ケン

リハビリ中の鍵山正和さん 早く車椅子がなくても生活できるようになってほしいですね!!

 

 

鍵山正和の脳梗塞や後遺症の麻痺と杖や車椅子生活についてのまとめ

以上、鍵山正和さんの脳梗塞や後遺症の麻痺と杖や車椅子生活についてまとめました。

鍵山正和さんが倒れた原因は脳梗塞ではなく、脳出血になります。

鍵山正和さんは脳出血が原因で、左半身に麻痺の後遺症が残っています。

鍵山正和さんは歩行困難で、移動距離に応じて杖と車椅子を使っています。

最後まで読んでいただき、ありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました