ACESの松尾先生とは一体誰?ACESの顔認証とはどんなもの?

ACESの松尾先生とは一体誰?ACESの顔認証とはどんなもの? 有名人
ACESの松尾先生とは一体誰?ACESの顔認証とはどんなもの?

2021年6月16日、週刊文集が入手した音声データにより、平井卓也デジタル相がNECに対して「完全に干す」「脅しておいた方がいい」などと幹部に指示していたことが明らかになりました。

同時に、平井卓也デジタル相は親密企業であるACESを発注予定の事業に参加させるよう幹部に指示しています。このときの発言に登場したACESの松尾先生とは一体誰なのでしょうか? また、ACESの顔認証とはどんなものなのでしょうか?

そこで今回、ACESの松尾先生とACESの顔認証についてまとめてみました。

 

 

平井卓也デジタル相、ACESの参入を幹部に指示

平井卓也デジタル相は親密企業のであるACESの参入を幹部に指示していたことが、週刊文集の報道によって明るみになりました。

 

 

また、このときのやり取りを週刊文集が音声データとして取り上げています。それが、こちらになります。

 

【音声動画】「新音声入手」平井デジタル相に官製談合防止法違反の疑い

平井卓也デジタル相から、

「松尾先生に言って一緒にやっちゃってもいいよ」

「ACES(エーシーズ)。そこの顔認証、はっきり言ってNECより全然いい部分がある。だから聞いて。もうどこか撮ったっていけるし、速い。アルゴリズムがとっても優秀」

「デジタル庁はNECには死んでも発注しない」

「場合によっては出入り禁止にしないとな。オリンピックであまりぐちぐち言ったら完全に干すから」

などの問題発言が音声データで確認することができます。

平井卓也デジタル相のこの発言は官製談合防止法に違反する可能性があり、発注機関の職員には5年以下の懲役または250万円以下の罰金に科せられる恐れがあります。

 

ACESの松尾先生とは一体誰?

平井卓也デジタル相が話すACESの松尾先生とは一体誰なのでしょうか?

ACESの松尾先生とは、東京大学工学系研究科の松尾豊教授のことのようです。以下に、プロフィールを紹介します。

 

松尾先生(松尾豊)

松尾先生(松尾豊)

松尾研究室より引用

 

また、平井卓也デジタル相とACESの松尾先生の関係性について、IT業界関係者は

「松尾氏の出身地は、香川県。平井氏と同郷ということもあり、2015年頃から親交がありました。2020年12月23日には、平井氏が定期開催している朝の勉強会に、松尾氏がゲストとして参加するなど、親密な間柄です」

yahooニュースから引用

と話しています。

 

ACESの顔認証とは?

平井卓也デジタル相は、

「ACES(エーシーズ)。そこの顔認証、はっきり言ってNECより全然いい部分がある。だから聞いて。もうどこか撮ったっていけるし、速い。アルゴリズムがとっても優秀」

と絶賛しています。

ACESの顔認証とは、どのようなものなのでしょうか?

 

ACESは2019年5月22日に数千万円の資金調達を実施して「SHARON」という画像認識サービスをリリースしています。

この「SHARON」の活用方法としては身体動作の解析、心の動きの可視化、健康状態の管理、個人の認証といった方法があるそうです。

また、活用事例としては眠気検知、顔モザイク処理などができるそうです。

 

ACESの松尾先生とACESの顔認証についてのまとめ

以上、ACESの松尾先生とACESの顔認証についてまとめてみました。

平井卓也デジタル相の発言が官製談合防止法に違反した場合、今後どうなっていくのでしょうか?

また、特定の人物や企業が談合によって儲かり、国民が不利益を被らないようきちんとしてほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました