コロナの流行で、マクドナルドは営業時間変更

フード

1月7日(木)、マクドナルドは緊急事態宣言を受けて営業時間変更を発表しました。

今回は、マクドナルドの営業時間についてご紹介します。

 

 

コロナの影響で、マクドナルドは営業時間変更

新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、政府は1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に対して「緊急事態宣言」の発表を行いました。

これを受け、マクドナルドは東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県にある各店舗の営業時間を変更しました。

 

 

マクドナルドの営業時間について

営業時間の変更は、次の通りです。また、準備ができた店舗から順次、営業時間が変更されていきます。

 

東京都 都内の約350店舗

20時~翌朝5時まで、店内客席の中止

 

持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーは、通常通り

神奈川県 県内の約230店舗

20時~翌朝5時まで、店内客席の中止

 

持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーは、通常通り

埼玉県 県内の約180店舗

20時~翌朝5時まで、店内客席の中止

 

持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーは、通常通り

千葉県 県内の約160店舗

20時~翌朝5時まで、店内客席の中止

 

持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーは、通常通り

営業時間の変更は、東京都は1月8日(金)~2月7日(日)まで。神奈川県、埼玉県、千葉県は1月12日(火)~2月7日(日)までになっています。

 

また、各店舗の営業時間についてはマクドナルド公式サイトからご確認できます。

 

 

マクドナルドのデリバリーサービス

マクドナルドでは、デリバリーサービスも行っています。

 

 

 

マクドナルド公式サイトより引用

デリバリーで注文をすればお店に行く手間も省けるうえ、人との接触を避けることができます。

デリバリーサービスのご利用については、マクドナルド公式サイトからご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました