大塚久美子の能力は?資産や評判についても調査してみた

大塚久美子の能力は?資産や評判についても調査してみた 有名人
大塚久美子の能力は?資産や評判についても調査してみた

2021年6月9日、ヤマダHDが大塚家具を株式交換によって完全子会社化。そして、8月30日付で大塚家具は上場廃止になります。

これを受け、ネットでは「老舗の大塚家具をここまで傾けるとは・・・」「娘に経営センスがない・・・」といった声もあります。

そこで、大塚家具の娘である大塚久美子の能力や大塚久美子の資産、大塚久美子の評判について調査してみました。

 

 

大塚久美子のプロフィール

大塚久美子のプロフィールは、次の通りです。

1968年 埼玉県春日部市生まれで、5人兄弟の長女。
1991年 一橋大学経済学部卒業(塩野谷祐一ゼミ)、株式会社富士銀行(現・株式会社みずほ銀行)入行。
1994年 株式会社大塚家具入社、経営企画室長 兼 営業管理部長。
2005年 同 顧問退任、クオリア・コンサルティング株式会社 代表取締役。
2009年 株式会社大塚家具 代表取締役社長・営業本部長。
2015年 同社長・営業本部長復帰。

ウィキペディアより引用

大塚久美子は、埼玉県で5人兄弟の長女として生まれています。

また、一橋大学という優秀な大学を卒業しています。すごいですね・・・( ゚Д゚)

大学卒業後にはみずほ銀行に入行し、華やかな経歴を得て大塚家具の代表取締役を務めています。

 

大塚久美子の能力は?

大塚久美子の能力はどうなのでしょうか?

大塚久美子は銀行員時代に融資の書類を誤記入し、周りに迷惑をかけてしまったこともあるそうです。そのため、お客様やフロントの担当者、上司に迷惑をかけたようです。

高校生時代には経済学者のジョン・メイナード・ケインズの影響を受け、一橋大学経済学部を卒業したものの、大塚久美子本人は元々物事を感覚でとらえる文系タイプ。数字は苦手で、高校の時には数学の赤点を取ったこともあるそうです。

2015年に代表取締役に就任した大塚久美子は、大塚家具の価格帯の変更と会員制を廃止。しかし、数字が苦手なため大塚家具の業績は赤字が続いて悪化する一方。また会社の現預金も激減し、資金繰りにも苦しんでいます。

大塚久美子は経営者としての能力は向いていなかったと思います。

 

大塚久美子の資産は?

大塚久美子の資産は、どのくらいになるのでしょうか?

大塚久美子が保有する大塚家具の株式は68,000株(2020年4月時点)。

そして、2021年6月9日の大塚家具の終値は310円。

 

大まかな計算になってしまいますが、大塚久美子の資産は

68,000株×310円=2,108万円

くらいになります。

 

大塚久美子の評判は?

最後に、大塚久美子の評判についてもまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

大塚久美子の評判について、「実力が伴っていない」「経営センスがない」といった声があります。

今後、大塚久美子と大塚家具はどうなっていくのでしょうか・・・。

 

大塚久美子のまとめ

大塚久美子の能力や大塚久美子の資産、大塚久美子の評判についてまとめてみました。

華やかな経歴の大塚久美子でしたが、大塚家具の代表取締役に就任した後から悲劇がはじまったように感じます。

今後どうなっていくのか、見守りたいですね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました