【準備から退職するまで、手順を解説】転職活動の準備と進め方について

転職

転職前で準備することって何?

いつ頃から転職の準備や面接の対策などをするべき?

転職先が決まったので、退職を会社に伝えるのはどのタイミング?

 

ケン
ケン

転職活動では、一般的に3~6か月の期間が必要になります

転職活動では事前準備から退職までいくつかのステップがありますので、その手順について解説していきます

 

 

1. 転職活動のおおまかな流れ

 

転職活動は、3~6か月かかることが一般的です。

転職活動では、まず事前準備をしっかりと行ったうえで面接に臨みます。そして、内定後に退職手続きを行います。

事前準備をしっかりと行ったうえで面接に臨まないと、なかなか内定をもらうことができません。

 

ステップ1: 事前準備・情報収集(1~2か月)

 

はじめに、転職で成功するためには事前準備と情報収集が大切です。

この手順をおろそかにすると、面接で失敗したりしてなかなか内定をもらうことができません。

 

ステップ1-1.キャリアの棚卸とキャリアプラン

 

転職するにあたり、

✔ 「どんな業務を経験してきたのか」

✔ 「どんなスキルを身につけてきたのか」

など自分のキャリアの棚卸を行います。そして、キャリアプランを立てましょう。

 

キャリアプランでは自分の職歴を踏まえ、

✅ 「どんな仕事がやりたいのか」

✅ 「どんな将来を実現したいのか」

など、今後どんなキャリアを築いていきたいのかを明確にします。

そして、企業にアピールできるポイントを探してみましょう。

 

ステップ1-2.企業調査

 

次は転職先を検討している業界や企業の情報収集を行います。

実際に転職をしてみると、

悩む男性
悩む男性

「想像と違っていた」

ということもあります。そういったミスマッチを防ぐためにも、企業について詳しく調べてみましょう。

情報収集のやり方として、

✔ 「転職サイトの利用」

✔ 「口コミサイトの利用」

✔ 「企業のウェブサイトの利用」

✔ 「転職エージェントの活用」

✔ 「会社四季報の活用」

✔ 「転職フェアへの参加」

といった方法が挙げられます。

そしてある程度、希望する転職先が決まったら、その企業に見合った内容で履歴書を作成しましょう。

今後、自分にあった企業で仕事をする大切な準備期間です。1~2か月じっくり取り組んで下さい。

キャリアプランをじっくり考えることで、面接時に

「当社で何がしたいのか?」

という質問に対してしっかりと答えることができるようになります。

 

ステップ1-3.スケジューリング

 

転職活動では、しっかりとスケジュールを立てておくことが大切です。

もし転職活動期間を6か月とした場合、そこから逆算してスケジュールを立てておきましょう。

あらかじめ逆算してスケジュールを組んでおけば、心に余裕が生まれます。

 

 

ステップ2: 必要書類の作成・面接(1~2か月)

 

情報収集ができたら、必要書類として履歴書や職務経歴書を作成し、そして面接を行います。

転職先に提出する必要書類は常に最新にしておきましょう。

ここでは約1~2か月くらいかけます。

これらの書類が完成したら、適切なアドバイスができる第三者や転職エージェントに見てもらいましょう。

 

 

ステップ2-1.履歴書の書き方

 

履歴書では自分のキャリアをもとに、これまでの仕事で達成したことをアピールしましょう。

最近だとパソコンで作成してもOKです。

しかし、文字や写真、内容などから応募者の熱意や意欲を伝えるためにも、様式に指定がなえれば手書きの履歴書で作成することをおすすめします。

 

ステップ2-2.職務経歴書の書き方

 

履歴書とは別に、転職をする場合は職務経歴書も用意する必要があります。

特に、職務経歴書は選考結果にも影響しやすい大切な書類です。

職務経歴書では、自分の職歴が魅力的に見えるように作成しましょう。

複数の応募者がいる中で、採用担当者はあなたの必要書類を熟知することはできません。

短時間で自分のアピールポイントが伝わるように工夫して作成しましょう。

 

ステップ2-3.面接のポイント

 

面接では、きれいなスーツに白いワイシャツの服装で臨むことが大切です。

✔ 「遅刻はしない」

✔ 「携帯電話は切っておく」

といったマナーには気をつけ、挨拶をしっかり行ってハキハキとした声で受け答えるようにしましょう。

もし応募している企業がいくつかある場合、必要書類を複数書くことになります。

面接に臨む企業に提出した履歴書や職務経歴書の内容に食い違いが出ないように気をつけましょう。

 

また、面接の際に第一印象が悪いと、あなたに興味を持ってもらえない可能性があります。

清潔感ある身だしなみを心がけ、面接官に好印象を与えましょう。

 

ステップ2-4.面接の構成

 

面接は、

✔ 「自己PR」

✔ 「面接官からの質問」

✔ 「あなたからの質問」

の3つで構成されています。

面接が始まるとまず自己PRを行います。

自己PRが終わると、面接官からの質問が始まります。どの企業でも質問される内容は、

「転職理由」

「志望動機」

「これまでの実績やスキル」

です。十分に対策をしておきましょう。

面接官からの質問が終わったら最後に、企業に対して気になることなどを質問しましょう。

面接では、自分の実績やスキルをアピールして会社にとって必要な人材であることや、会社の役に立てることを伝えましょう。

【回答例文あり】面接でネガティブな転職理由・退職理由をポジティブにする伝え方
悩む男性 「給料が低い」ことが理由で転職をするとき、面接でどう説明したらいいの? 「休日が少ない・残業が多い」ことが理由で転職をするとき、面接でどう説明したらいいの? 「上司からパワハラされた」ことが理由で転職をす...

 

もしなかなか内定をもうらことができない場合、何らかの原因があると考えられます。

このとき、転職エージェントを利用していれば選考に落ちた理由を面接の担当者に直接確認してもらえることができますので、同じ過ちを犯さないように適切なアドバイスを受けることができます。

 

 

ステップ3:内定・退職手続き(1~2か月)

 

転職先から内定をもらうことができたら、会社の退職手続きを行います。

この間の期間は約1~2か月です。

 

 

ステップ3-1.内定の際の注意点

 

一般的に、転職先から内定を受けて入社の意思を表明する期間は1週間です。

ここで注意することは、労働条件通知書にしっかりと目を通すことです。

もし、面接のときに確認した内容と労働条件通知書の内容が違っていた場合は早めに確認しておきましょう。

また、他の企業との面接がある場合はいつまで返事を待ってもらえるかも確認しましょう。

どうしても他に受けたい企業の面接がある場合は内定を保留してもらうように交渉をするか、転職エージェントからの案件であれば、エージェントに保留の交渉をしてくれるように頼んでみましょう。

【例文付き】転職の内定保留の伝え方 | 正直に話してOK
悩む男性 「内定保留をすると、企業側からの印象が悪くなるの?」 「内定保留をする場合、どのくらいまで待ってもらえるの?」 「どのタイミングで内定保留のお願いをしたほうがいいの?」 「内定保留をお願いするとき、何て...

 

ステップ3-2.退職

 

内定後は現在の会社を辞める必要があります。

その際、現在の会社の引継ぎ期間なども考慮して転職先の入社日を決めるようにしておきましょう。

引継ぎがうまくいかないと、職場の人に迷惑をかけてしまいます。

マナーを守り、最終日までしっかりと業務を遂行することが大切です。

【手順も解説】波風を立てず円満退職する方法
今の会社から別の会社へ転職が決まった できれば、今の会社で波風を立てず円満に転職したい その場合、何って言えばいいんだろう?どうすればいいんだろう? ケン 会社を退職すり場合、退職...

 

 

2.転職活動は、在職中に行うことをおすすめ

 

転職活動を行う際、「在職中」に行うか、「退職後」に行うか迷っている方もいるかもしれませんが、「在職中」に行うことをおすすめします。

一度会社を辞めて転職活動を行った場合、「時間的」な余裕は生まれます。

しかし、退職をしたからといってすぐに内定が出るという保証はありません。

そんな状態で転職期間が長くなってしまうとキャリアに空白期間ができてしまうため、内定が難しくなっていきます。

また会社を辞めてしまえば収入が途絶えてしまうため、金銭面で苦しくなってきます。

そうなってしまうと、

悩む男性
悩む男性

「早く、転職先を決めないと・・・」

という焦りから条件の悪い会社を選び、転職に失敗してしまう恐れがあります。

【失敗事例あり】転職失敗談に学ぶ | 失敗しないポイントについて
悩む男性 今の会社に不満があって転職を考えている けど、転職で失敗したという事例も聞くし、失敗しそうで怖い・・・ ケン 結論として、転職した人の約10人に3人は転職で失敗しています...

 

 

3.転職エージェントは、あなたの転職活動をサポートしてくれる

 

転職活動では情報収集のために求人情報から転職先を探したり、複数の企業と日程の調整を行ったりするため、なかなか大変です。

しかし、転職エージェントを利用すればあなたの転職活動をサポートしてくれます。

サポートは手厚く、

✅ 「転職者に最適な求人の紹介」

✅ 「履歴書や職務経歴書の書き方についてのアドバイス」

✅ 「模擬面接の実施」

✅ 「内定確立を上げるためのサポート」

✅ 「面接日のスケジュール調整の代行」

✅ 「年収など諸条件の交渉」

などを行い、あなたの転職活動を支えてくれます。

転職活動に不安のある方は、利用を検討してみましょう。

転職エージェントとは? | メリットや注意点についても解説
「転職エージェントってどんなサービスなの?」 「転職エージェントを利用するメリットって何?」 「転職エージェントの利用は無料って聞くけど、何か裏があるの?」 ケン 今回は、転職エー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました