新潟の美術館で黒崎中学校の犯人を特定?なぜ作品を破損した?弁償費用は

どこの中学生が美術館で作品をなぜ破壊?どんな作品で弁償費用いくら? 事件・事故
どこの中学生が美術館で作品をなぜ破壊?どんな作品で弁償費用いくら?

2022年4月21日、修学旅行を楽しんでいた中学生が新潟県十日町市内にある越後妻有里山現代美術館MonET(モネ)の美術作品2点を破損しました。

1点はすでに修復され、現在は展示されているそうです。しかし、もう1点は全壊状態で、修復ができない状態とのことです。

新潟の美術館で美術作品を破損したのは黒崎中学校の生徒で犯人は特定されたのでしょうか?破損されたのはどんな作品で、なぜ破損したのでしょうか?破損した美術作品の弁償費用はいくらで、親が弁償するのでしょうか?

今回は「新潟の美術館で黒崎中学校の犯人を特定?なぜ作品を破損した?弁償費用は」と題して、

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で美術作品を破損

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損したのはどんな作品?

黒崎中学校生徒の犯人を特定?

黒崎中学校生徒はなぜ新潟の美術館で美術作品を破損した?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品の弁償費用はいくら?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品は親が弁償するの?

新潟の美術館で黒崎中学校の犯人を特定?なぜ作品を破損したのかのまとめ

についてご紹介します。

 

 

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で美術作品を破損

2022年4月21日、修学旅行を楽しんでいた新潟市内の黒崎中学校生徒が新潟県十日町市内にある越後妻有里山現代美術館MonET(モネ)の美術作品2点を破損しました。

1点はすでに修復され、現在は展示されているそうです。しかし、もう1点は全壊状態で、修復ができない状態とのことです。

 

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損したのはどんな作品?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損したのは、一体どんな作品なのでしょうか?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した作品は、「LOST#6」(作者:クワクボリョウタ)と「Wellenwanne LFO」(作者:カールステン・ニコライ)の2点になります。

 

Wellenwanne LFO

作品について

光と音の原理を応用して、混沌と秩序、運動と停滞の両極性を見せる作品。スピーカーが放つ低周波数によって水面を振動させ、広がる波紋に同調させたストロボの反射によってスクリーンに映し出される。人工的につくりだされる水面の波紋は、規則的でも不規則的でもあり、それゆえに秩序あるようで混沌ともしている。

ECHIGO-TSUMARIより引用

中学生が破損したこちらの作品は、仮復旧してすでに美術館で公開されているそうです。

 

LOST#6

作品について

ゆっくりと動く光源が床に置かれた様々なモノの影を大きく壁に投影しながら移ろい、まるでこの地域を旅する車窓からの風景をみるような、あるいは映画をみるような魅惑的な世界が表される。床に展開するのは十日町の織物機具の一部や農機具、この地域で使用されてきた用具など。人々の営みを支えた微細な道具に地域の風景が重ね合わせられる。

ECHIGO-TSUMARIより引用

中学生が破損したこちらの作品は、全壊状態。修復できるかどうかも含めて作者と相談しているということです。

 

2022年6月9日、「LOST#6」の作者であるクワクボリョウタさんからコメントがありまいた。

クワクボリョウタさんは破損された作品「LOST#6」について、「誰にでも失敗はある。一線を越えたかもしれないが、誰かを怪我させたわけではない」と中学生を気遣い、「作品は完全に壊れましたが、作者の僕はまだ生きています。作品を修復する体力も気力も残っています」と意欲を示しました。

 

黒崎中学校生徒の犯人を特定?

新潟の美術館で破損された美術作品2点。どこの中学生で犯人を特定することはできたのでしょうか?

調べてみると、修学旅行中の新潟市立黒埼中学校の3年生生徒が美術作品を破損したそうです。

新潟市立黒埼中学校

〒950-1111

新潟県新潟市西区大野町2540−1

 

美術作品を破損した生徒の名前について調べてみましたが、公表されていないため犯人を特定することはできませんでした。

今回、美術作品を破損した生徒から相談を受け、教諭が美術館に報告して問題が発覚したそうです。

 

 

黒崎中学校生徒はなぜ新潟の美術館で美術作品を破損した?

黒崎中学校生徒はなぜ新潟の美術館で美術作品を破損したのでしょうか?誤って美術作品を破損したのでしょうか?

ニュースによると

美術館は今後、監視カメラの設置などで監視体制を強化するほか、訪れる人に対してマナーを守るよう呼びかけていく方針です。

「Wellenwannne LFO」は折り曲げられていました

と、報道されています。

「マナーを守るよう呼びかけていく」「折り曲げられていた」と報じされていることから、中学生生徒は美術館内でふざけて美術作品を破損したのではないかと考えられます。

 

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品の弁償費用はいくら?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品の弁償費用は、一体いくらになるのでしょうか?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品の弁償費用がいくらになるのか調べてみましたが、情報が公開されていないため詳しいことはわかりません。

 

破損された美術作品は、「LOST#6」と「Wellenwanne LFO」の2点。これらの作品がいくらになるのか調べてみましたが、わかりませんでした。

破損された美術作品の弁償費用がいくらになるのか新しい情報が入り次第、記事を更新していきます。

 

 

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品は親が弁償するの?

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品は、親が弁償するのでしょうか?

報道によると越後妻有里山現代美術館MonETがある十日町市は破損された作品の損害賠償を新潟市に求め、また警察に被害届を提出したそうです。

 

もしかすると、新潟市が美術作品を破損した中学生の親に損害賠償の一部または全部を求めるのかもしれません。

 

新潟の美術館で黒崎中学校の犯人を特定?なぜ作品を破損したのかのまとめ

新潟の美術館で黒崎中学校の犯人を特定についてや、なぜ作品を破損したのかについてまとめました。

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した作品は、「LOST#6」(作者:クワクボリョウタ)と「Wellenwanne LFO」(作者:カールステン・ニコライ)の2点になります。

新潟の美術館で美術作品を破損したのは、新潟市立黒埼中学校の3年生生徒です。生徒の名前については公表されていないため、犯人を特定することはできませんでした。

黒崎中学校生徒は、ふざけて美術館で美術作品を破損したのではないかと思います。

黒崎中学校生徒が新潟の美術館で破損した美術作品の弁償費用は、いくらになるのかわかりません。

十日町市は破損された作品の損害賠償を新潟市に求めたそうです。それから、新潟市は美術作品を破損した中学生の親に損害賠償の一部または全部を求めるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました