白井健三さんはケガが原因で現役引退を表明?白井健三さんの誤算とは?

白井健三さんはケガが原因で現役引退を表明?白井健三さんの誤算とは? 有名人
白井健三さんはケガが原因で現役引退を表明?白井健三さんの誤算とは?

2021年6月16日、体操選手の白井健三さんは現役の引退表明を発表しました。

白井健三さんはリオ五輪の団体戦で金メダルを獲得し、「シライ」と名の付く新技を成功させています。

しかし白井健三さんは過去に2度のケガを経験し、2大会連続で五輪出場を逃していました。

今回、白井健三さんが引退を表明するきっかけになったのはケガが原因なのでしょうか? また、白井健三さんの誤算とは?

そこで今回、白井健三さんのケガや誤算についてまとめてみました。

 

 

白井健三さんのプロフィール

白井健三さんのプロフィールは、次の通りです。

 

白井健三

白井健三

デイリースポーツより引用

 

名前 白井健三(しらいけんぞう)
生年月日 1996年8月24日 24歳
出身地 神奈川県横浜市
身長 163cm

白井健三は体操一家に育ち、3歳で体操を始めています。

13年、15年、17年の世界選手権の種目別床運動で優勝。リオ五輪の団体総合でも金メダルを獲得しています。

 

白井健三さんはケガが原因で引退?

白井健三さんは2016年に開催されたリオ五輪の団体戦で金メダルを獲得しました。このとき、白井健三さんは日本勢の中でも19歳という最年少でした。

しかし、それ以降は度重なるケガで苦しんでいます。

2019年2月には左足首を痛め、歩けなくなっています。そして、その年の8月には左肩を亜脱臼。

白井健三さんは2度にわたるケガにより、今年4月の個人総合で争う全日本選手権のときには30人中28位。2大会連続で五輪出場を逃しています。

 

白井健三さんの誤算とは?

白井健三さんはW杯初戦の米国大会のとき、2種目のあん馬で2度の落下。最終種目の鉄棒でも落下するといったミスを犯しています。

この予想外の失敗に対し、「また同じ失敗が試合ででるかも・・・」とコメントしています。

そして世界選手権で個人総合銅メダルを獲得したときには、「昨年の年末からひとつ冬を過ごして相当自信をつけましたが、米国で崩れたのが誤算でした」と話しています。

帰国後の練習では、ミスを犯したときのことを度々思い出し、体が縮こまっていたそうです。

 

また白井健三さんは東京五輪のため、日体大を卒業した後は練習環境を優先するために大学院へ進学。

しかし、後輩に配慮するあまり練習不足に陥ったそうです。その練習不足を補うため、トップ選手との強化合宿では無理な練習を実行。その結果、左肩を亜脱臼したそうです。

これも、白井健三にとって誤算だったのかもしれません。

ケガに泣かされ、全日本で代表入りを逃がしたときには「体操を辞めたい」とも話していたそうです。

 

白井健三さんのケガや誤算についてのまとめ

白井健三さんがケガに悩まされず、十分な練習ができていたら世界選手権を獲得できていたのかもしれません。そうすれば、今回の現役引退はなかったのかもしれませんね。

現役引退を発表した白井健三さん。すでに、日体大の男子コーチとして活動を始めているそうです。

今後は、名コーチとして活躍することに期待したいですね (‘ω’)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました