【すぐにできる】たまった疲れはこれでスッキリ! 仕事のストレス解消法

ストレス
悩む男性
悩む男性

無茶な仕事に、バカ上司への対応

仕事のストレスで死にそう・・・

誰か、助けて~~!!

 

ケン
ケン

今回は、仕事でたまったストレスの解消法についてご紹介します

この記事を読めば、たまったストレスの解消方法や、ストレスへの対処法がわかるようになるよ!!

 

 

 

1.みんな、ストレスを感じている

 

厚生労働省が平成28年度に行った調査によると、仕事で強いストレスを感じている人は60%になり、仕事による強いストレスが54.9%対人関係が18.1%になっています(複数回答可)。

 

ケン
ケン

この調査は強いストレスを感じている人に限定していますので、仕事でストレスを感じている人は8~9割以上になるかもしれません

 

職場の仕事・人間関係で悩んでいるあなたへ | 困ったときの相談窓口
悩む男性 職場のパワハラやモラハラ、不十分な給与や未払残業代、過剰な業務負担。 一体、どうすればいいんだろう~!! ケン 今回は、そんな悩みの相談に乗ってくれる専門機窓口ご紹介しま...

 

 

2.ストレスの原因を分析する

 

まず、自分が何にストレスを感じているのかについてメモをしながら現状を分析してみましょう。

例えば、

「仕事が多い」

「仕事がむずかしい」

「責任が重い」

「先輩のグチが多い」

「上司がクソ」

「周りから評価してもらえない」

など、ストレスの原因を紙に書きだしてみます。

原因を分析し、

✅ 仕事が多ければ周りの人に協力してもらう

✅ 仕事がむずかしければ、上司に相談する

など、ストレスの解決方法が見えてくるはずです。

 

 

3.ストレスがたまりやすい人の性格

 

人によってはストレスのたまりにくい人もいまが、逆にストレスがたまりやすい人もいます。

ここでは、ストレスのたまりやすい人を取り上げますので、当てはまる方は気をつけてください。

 

 

3-1.責任感が強い人

 

責任感の強い性格の人はなんでも一人でやろうとするため、仕事が増えてしまいます。

また、小さなミスも許さないため、ストレスがたまりやすくなります。

きちんと仕事をすることはよいことですが、ときには小さなミスにも目をつぶるようにしましょう。

そして、一人で全部の仕事をやろうとはせず、うまく周りの人にも頼るようにしましょう。

 

3-2.人の目を気にする人

 

人の目を気にする人の場合、

悩む男性
悩む男性

「周りの人に悪く思われたくない」

「周りの機嫌を損ねたくない」

など、常に周囲の評価ばかりを気にしています。

これでは周りに気を使うばかりでストレスがたまりやすくなってしまいます。

まず、全員に好かれることはできません。なぜなら、人には「相性」というものが存在するためです。

どんなに相手に合わせても、相性が合わない人というものは存在します。

あなたは、あなたらしくていいのです。

 

3-3.完璧主義者

 

完璧主義者は理想が高く、最後まで手を抜きません。周囲の信頼を裏切らない。非常に素晴らしいことです。

しかし、これでは常に自分自身を追い込むことになるためストレスのプレッシャーは大きくなります。

常に、

「~すべき」

「~しなければいけない」

という義務感を解放しましょう。いつも満点を目指す必要はありません。仕事には柔軟性も必要です。

 

3-4.心配性の人

 

心配性の人は物事を常にネガティブにとらえるため、心身が疲弊しやすくなります。

常に自分を苦しめるため、それがストレスの原因となってしまいます。

成功したイメージや前向きな言葉を口に出してみましょう。そうすれば、ネガティブな思考からポジティブな思考へと変わることができます。

また、不安に思っていることや心配していることを紙に書いてみましょう。そうすれば冷静に判断することができますので、心配事は消えるかもしれません。

 

 

4.仕事の効率化でストレス解消

 

仕事の効率が悪いといつまでたっても仕事が終わらなかったり、周囲からの評価も下がってしまいます。

そして、それがストレスの原因にもなります。

ここでは、仕事を効率化するための方法についてご紹介します。

 

 

4-1.「ToDoリスト」で、仕事を効率化

 

仕事の優先順位をつけるためにも、ToDoリストを作りましょう。ヌケ・モレの防止にもなります。

抱えている仕事の優先順位をつけることで、急いでやる仕事や余裕をもってできる仕事をはっきりさせるのです。

また、作業にどれだけ時間がかかるかをあらかじめ見積もることもできますので、事前に調整をすることも可能になります。

 

4-2.周囲に協力してもらう

 

もし、急いでやらないといけない仕事があり一人では無理なら、周囲に協力をお願いしましょう。

チームとして取り組みそれぞれの強みを活かせれば、仕事もスムーズに進みチークワークの絆も結ばれるので一石二鳥です。

 

4-3.職場の人と信頼関係を築いておく

 

普段から職場の人との信頼関係を築いておきましょう。

ポイントは、

✔ 「嘘をつかない」

✔ 「悪口を言わない」

✔ 「周りの意見に耳を傾ける」

ことです。

信頼関係があれば周囲の人に仕事を頼みやすくなりますので、生産性も高くなって仕事もスムーズにいきます。

 

4-4.相手に感謝する

 

✔ 「怒る」

✔ 「怒鳴る」

✔ 「悪口を言う」

✔ 「否定的になる」

といったことを避け、相手に感謝をしましょう。

お礼の言葉を直接口に出してもいいですし、恥ずかしければメールで気持ちを伝えてもいいでしょう。

感謝の気持ちを伝えれば、相手とのコミュニケーションがとれ、信頼関係を築くことができます。

 

4-5.やるべきことを明確にする

 

仕事が多いとどれから手をつければよいのかわからなくなります。

まず、やるべきことを明確にしましょう。

作業の順番ややるべきことが明確になれば後戻りすることも少なくなり、効率的に作業を進めることができます。

 

 

5.仕事中にできるかんたんストレス解消法

 

ここでは、職場でできる簡単なストレス解消法についてご紹介します。

少し疲れたときに実践すると気持ちがリフレッシュされ、仕事のモチベーション維持にもつながります。

 

 

5-1.深呼吸する

 

イライラしたり緊張したり落ち着かないときには深呼吸を行いましょう。

深呼吸はあらゆるリラクゼーションの基本になり、即効性のある方法です。

深呼吸をするときには、おなかを引っ込めたり膨らませたりすると効果的です。

 

5-2.ストレッチ

 

ストレッチにはリラックス効果が生まれ、ストレスは解消されます。

職場でできる簡単なストレッチには、

✅ 肩骨盤のストレッチ

✅ 足首のストレッチ

✅ 背伸びをする

といった方法があります。

 

5-3.瞑想

 

瞑想にはリラックス効果があり、科学的にも効果が証明されていることからグーグル社でも研修に取り入れられています。

やり方は楽な姿勢で座り、背筋を伸ばして体の力を抜き、目を軽く閉じましょう。そして、呼吸を整えます。

 

 

6.効果的なストレス解消法

 

仕事でたまったストレスは、適度に解消しないと心身に悪影響を与えます。

そこで、ここではストレス解消に効果的な方法についてご紹介します。

 

 

6-1.睡眠をとる

 

ストレス解消の一番の基本は睡眠をとることです。睡眠には、脳を休めてストレスを緩和する最大の癒し効果があります。

良質の睡眠が取れれば、多少のストレスがあっても健康の状態が保てます。

 

6-2.旅行に行く

 

旅行にはストレス解消以外にも、リフレッシュ効果や感動という効果も期待できます。

また、効果はそれだけにとどまらず、クリエイティビティが高まったり、広い心が持てるようにもなります。

 

6-3.スポーツをする

 

運動には気分転換やストレス解消効果があり、メンタルヘルスの改善にも効果があるといわれています。

運動をすることで脳内のセロトニンが増え、心が落ち着いてさわやかな気分になるのです。

運動不足で血行が悪くなると、体の乳酸がたまり睡眠を妨げる原因になります。しかし、運動にはそれを改善し、熟睡できる効果があります。

 

ケン
ケン

僕もスポーツでランニングをやっていたけど、走りに行くときが一番きつかったよ

けど、走り出したら気持ちよくなるので、ストレス解消になるよ

 

6-4.会話を楽しむ

 

嫌なことを誰かに話して、スッキリしたという経験はないでしょうか?

これは、漠然としたイライラやストレスが誰かに話をすることで気持ちが整理され、ストレスの原因となる問題点や解決方法を発見し、ストレスが軽減・解消されるためです。

不安や悩みについて信頼できる人が身近にいれば、積極的に相談しましょう。

 

 

7.仕事が単調すぎても、ストレスはたまる

 

仕事が忙しすぎするとやることが多くなりますので、ストレスがたまりやすくなります。

しかし、逆にやることがなかったり仕事が楽で単調すぎてもストレスはたまるものです。

仕事が忙しければそれが経験やスキルとして身につきます。

しかし、仕事でやることがないと経験やスキルは身につかず、昇進や昇格が難しくなってしまいます。

適度に忙しい仕事は、適度なストレスを受ける。これが理想的といえるでしょう。

 

 

8.仕事のストレスをためてはダメ

 

社会人の場合、1日の3分の1以上の時間を会社に費やします。

無茶な仕事やバカ上司への対応、評価してもらえない職場環境など、ストレスからは避けられないものです。

ストレスで心身を壊してはもともこもありません。

ストレスはためこまず、適度に解消しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました