田口翔の残高が655円でクズと話題!罪や今後どうなるの?

田口翔の残高が655円でクズと話題!罪や今後どうなるの? 事件・事故
田口翔の残高が655円でクズと話題!罪や今後どうなるの?

山口県阿武町で新型コロナ支援金4630万円が誤送金され、2022年5月18日電子計算機使用詐欺の疑いで24歳の男性・田口翔容疑者が逮捕されました。

誤送金された4630万円はネットカジノで使用し、すでにお金は残っていないと供述しているそうです。

田口翔容疑者の当初の残高は655円。誤送金された後、最終的にいくら残ったのでしょうか?また、ネットでは田口翔容疑者は「クズ」と言われ評判がよくありません。

田口翔容疑者はどんな罪で、今後どうなるのでしょうか?

今回は田口翔容疑者の口座残高についてやクズと言われる理由と、どんな罪で今後どうなるのかについてまとめました。

 

 

田口翔の残高が665円から最後は6万8743円に

 

2022年5月18日、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された田口翔容疑者。

当初の口座残高は665円でした。2022年4月8日に正規の給付金10万円と誤送金された4630万円が振り込まれ、口座残高は4640万665円となりました。

それから田口翔容疑者は約2週間かけ、ほぼ全額のお金を口座から引き出していたことが判明。

専門家によると、田口翔容疑者は「デビット決済」「A社」「L社」「M社」の少なくとも4社を通してオンラインカジノを利用していた可能性があると指摘します。

そして、2022年4月18日の田口翔容疑者の口座残高は6万8743円となってしまいます。

 

田口翔がクズと言われる4つの理由

 

田口翔容疑者はネットでは「クズ」と呼ばれ、評判がよくありません。

 

 

 

 

 

なぜ、田口翔容疑者は「クズ」と呼ばれているのでしょうか?

田口翔容疑者が「クズ」と呼ばれるのは、

・田口翔容疑者は阿武町から誤送金された4630万円をネットカジノで使う

・田口翔容疑者は中学時代にカツアゲや万引きの常習犯だった

・田口翔容疑者は大麻の常習犯

・4630万円の弁済で田口翔容疑者の家族の財産も差し押さえられる

と4つの理由があるためです。

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

 

田口翔容疑者は阿武町から誤送金された4630万円をネットカジノで使う

阿武町から4630万円が誤送金された田口翔容疑者。

田口翔容疑者はこの4630万円は誤送金されたものと知り、なおかつ役場職員からの返還にも応じませんでした。

そして誤送金された4630万円はネットカジノで使用し、ほぼ全額が残っていません。

 

田口翔容疑者は中学時代にカツアゲや万引きの常習犯だった

田口翔容疑者は中学時代、ヤンキー仲間2人とつるんでタバコや酒を飲んでいたそうです。

また同級生の相父母が亡くなり田口容疑者はその同級生にうまく言って100万~200万円を持ってこさせたり、漫画や釣り具など万引きの常習犯だったそうです。

 

田口翔容疑者は大麻の常習犯

田口翔容疑者は大麻の常習犯でもあり、阿武町へ移住してきたのは大麻を栽培するためではないかと言われています。

田口翔容疑者は大麻仲間と「マンチーズ」というグループを形成。そして、大麻栽培のための軍資金を得るためにホームセンターで働き始めたそうです。

しかし去年の8月にマンチーズのメンバーが麻薬取締法違反で逮捕され、他のメンバーは大麻を山奥に隠してそのまま息をひそめているそうです。

 

4630万円の弁済で田口翔容疑者の家族の財産も差し押さえられる

誤送金された4630万円については、弁済しなければいけません。

しかし、田口翔容疑者に弁済できるだけの財産が残っていない場合は家族である母親や妹たちの財産が差し押さえられる可能性も考えられます。

 

田口翔の罪の内容とは?

田口翔容疑者は阿武町から誤送金された4630万円をネットカジノで使用。

2022年5月18日、田口翔容疑者は山口県警に電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されました。

 

電子計算機使用詐欺とは、ATMや電子決済などで、コンピューターなどに虚偽情報や不正な指令を与えて不法な利益を得る罪のことで、10年以下の懲役となります。

田口翔容疑者の場合はスマホ決済を用いたことで、電子計算機使用詐欺が適用されたそうです。

 

もし田口翔容疑者が4630万円をまったく返済できなかった場合は実刑となって懲役3年前後の判決、全額返済した場合は執行猶予、そして全額とまではいかなくても相当額の返済に阿武町が応じた場合は執行猶予になる可能性があると専門家は指摘します。

 

また田口翔容疑者は電子計算機使用詐欺罪に加え、窃盗罪も適用される可能性もあると専門家は指摘しているそうです。

 

田口翔は今後どうなる?

電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された田口翔容疑者。今後、どうなるのでしょうか?

田口容疑者の代理人弁護士の話によると、本人は少しずつでも返還していきたいと話しているそうです。そして、誤送金された4630万円はネットカジノで使ってしまい、ないと言っているそうです。

またネットカジノのようなギャンブルでの借入金は自己破産は基本的に認められていなく、田口翔容疑者は返済していくしかないと考えられます。

 

田口翔容疑者は今後どうなるのか、

・少しずつ返還していく

・生活保護を受ける

・YouTuberなどインフルエンサーとして活躍する

というケースが考えられます。

 

少しずつ返還していく

田口翔容疑者の今後について、誤送金された4630万円を少しずつ返還していくケースが考えられます。

現在は無職ですが、まだ24歳と若いので就職のチャンスはあると思います。

就職して働き、そして数十年かけて返還するケースが考えられます。

 

生活保護を受ける

全国のニュースで放送された田口翔容疑者。

再就職することができず、差し押さえる財産もなし。阿武町も弁済を放棄し、最終的に生活保護を受けるケースも考えられます。

 

YouTuberなどインフルエンサーとして活躍する

電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕され、犯罪者となってしまった田口翔容疑者。

しかし、全国ニュースで報道されたことで「田口翔」という名前が全国に知れ渡ります。

罪を償った後はYouTuberなどインフルエンサーとして活躍し、一気に4630万円を弁済する可能性も考えられます。

 

田口翔の残高とクズと言われる理由や罪の内容と今後どうなるのかのまとめ

田口翔容疑者の残高とクズと言われる理由についてや、罪の内容と今後どうなるのかについてまとめました。

田口翔容疑者の口座残高は当初665円で、誤送金された後最終的には6万8743円しか残っていません。

田口翔容疑者がクズと言われるのは、4つの理由があるためです。

田口翔容疑者は電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕され、10年以下の懲役となります。

田口翔容疑者の今後どうなるのかについては、3つのケースが考えられます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました