柚葉がゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録!これまでの経緯を時系列で紹介

柚葉がゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録!これまでの経緯を時系列で紹介 YouTuber
柚葉がゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録!これまでの経緯を時系列で紹介

2022年5月15日、柚葉さんがゆっくり茶番劇を商標登録したことでネットが炎上しています。

この炎上を受けてTwitterでは「ゆっくり茶番劇」「商標登録」「爆弾予告」などのキーワードがトレンド入り。

柚葉さんが特許庁でゆっくり茶番劇の商標登録をして、最後に抹消申請をするまでの経緯は?また、これまでの一連の経緯について時系列で知りたい人もいると思います。

今回は柚葉さんがゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録してから、今日に至るまでの経緯を時系列でご紹介します。

 

 

柚葉が特許庁でゆっくり茶番劇の商標登録から抹消申請まで

柚葉さんが特許庁でゆっくり茶番劇の商標登録と抹消申請した内容についてご紹介します。

 

柚葉が特許庁でゆっくり茶番劇の商標登録

2022年5月15日、柚葉さんが特許庁でゆっくり茶番劇を商標登録したと発表します。これにより、ネットが炎上。

 

 

 

 

そして、ゆっくり茶番劇の関係者である栗田穣崇・ZUNさんが対応に動き出します。

そのような方々が対応してくれたおかげで、柚葉さんもゆっくり茶番劇の商標登録を取り消す方向で動きます。

 

柚葉が特許庁でゆっくり茶番劇の抹消申請

そして2022年5月23日、Coyu.liveの運営から柚葉さんが弁理士を通してゆっくり茶番劇の商標抹消の申請書を特許庁に提出したと報告があります。

 

また、柚葉さんは自身のTwitterでゆっくり茶番劇の商標権抹消登録申請書を特許庁に提出したとして書類の写真を公表します。

柚葉さんが商標権抹消登録申請書を特許庁に提出し、受理されて通知が届くまで二週間程度かかるようです。

柚葉さんに特許庁から受理した旨の通知書が届いたときには、Twitterでそのことを公表するのではないかと思います。

 

柚葉がゆっくり茶番劇の商標を特許庁に抹消申請するまでの経緯を時系列で紹介

柚葉さんが特許庁にゆっくり茶番劇の商標登録をしてから、現在に至るまでの経緯を時系列でご紹介します。

 

柚葉がゆっくり茶番劇の商標登録を出願

2021年9月13日

柚葉さんが特許庁に、ゆっくり茶番劇の商標登録を出願。

 

ゆっくり茶番劇の商標登録が行われる

2022年2月24日

登録査定や登録料納付が行われた後、特許庁から柚葉さんにゆっくり茶番劇の商標登録が正式に行われる。

 

ゆっくり茶番劇の登録証が交付される

2022年3月8日

特許庁から柚葉さんに、ゆっくり茶番劇の登録証が交付される(登録第6518338号)。

 

柚葉がゆっくり茶番劇の商標登録したことをTwitterで発表

2022年5月15日

柚葉さんさんが自身のTwitterでゆっくり茶番劇の商標権を取得したことを発表。そして、ゆっくり茶番劇を使用する際はライセンス契約を結んで年間10万円の使用料を支払うようにと周知します。

柚葉さんはゆっくり茶番劇の制作陣やスタッフとは関係のない第三者。そのような方が、ゆっくり茶番劇を商標登録したことでネットが炎上。

 

 

 

 

柚葉さんさんのゆっくり茶番劇商標登録を受けて、ゆっくり茶番劇の関係者である栗田穣崇さん・ZUNさんなどが対応に動き出します。

 

柚葉がゆっくり茶番劇のライセンス契約は不要であると発表

2022年5月16日

柚葉さんが商標登録を依頼した海特許事務所の担当弁理士が「皆さまに愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し訳ございませんでした」と謝罪。

 

栗田穣崇さん・ZUNさん・Coyu.liveさんなどの対応を受け、柚葉さんはライセンス契約は不要である旨を発表。

しかし、ゆっくり茶番劇の権利については引き続き保持することを主張。

 

柚葉のゆっくり茶番劇商標登録について地上波のニュースで放送される

2022年5月17日

柚葉さんのゆっくり茶番劇の商標登録について、地上波のニュース番組でも放送される。

 

ニコニコ動画からゆっくり茶番劇の文字商標について見解発表

2022年5月20日

ニコニコ動画からゆっくり茶番劇の文字商標について、商標権の侵害にはならないという見解が発表される。

 

柚葉がゆっくり茶番劇の商標登録の放棄手続きを開始すると発表

2022年5月21日

柚葉さんが所属していたCoyu.liveの運営より、ゆっくり茶番劇の商標登録の放棄手続きを開始するという旨が発表される。

 

ゆっくり茶番劇の商標登録に対するドワンゴの対応

2022年5月23日

ドワンゴさんからゆっくり茶番劇の商標権を取得した柚葉さんに対する今後の対応について、商標権を放棄をするように交渉すると発表。

もし商標権の放棄交渉に応じない場合は、無効審判請求を行っていくと発表。

 

柚葉さんが所属していたCoyu.liveの運営から、本人が特許庁にゆっくり茶番劇商標の抹消申請書を行ったことについて発表。

 

ゆっくり茶番劇商標の抹消申請書を公表

2022年5月24日

柚葉さん本人からゆっくり茶番劇の商標(登録第6518338号)について抹消申請を行ったとして、申請書の写真が公表される。

 

以上が、柚葉さんがゆっくり茶番劇の商標登録してから抹消申請をするまでの時系列の経緯になります。

 

柚葉がゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録!これまでの経緯を時系列のまとめ

柚葉がゆっくり茶番劇を特許庁に商標登録してから、抹消申請するまでの経緯を時系列でまとめました。

2022年5月15日に柚葉さんが特許庁でゆっくり茶番劇を商標登録したと自身のTwitterで発表しました。

その発表を受けてネットが炎上。しかしゆっくり茶番劇の関係者などが対応に動いたことで柚葉さん本人からゆっくり茶番劇の商標権の抹消申請書を行ったと発表。

柚葉さんのゆっくり茶番劇の商標登録問題がこれにて決着しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました