芥見下々が天才と言われる理由について呪術廻戦から考えてみる

芥見下々が天才と言われる理由について呪術廻戦から考えてみる 人物系
芥見下々が天才と言われる理由について呪術廻戦から考えてみる

呪術廻戦、メチャクチャ面白いですよね!!

事実、ネットでは「芥見下々先生、天才!!」「今週の呪術廻戦やばい 芥見下々天才だろ……」などの声が上がっています。

芥見下々先生の天才ぶりは作品にどのように表れているのでしょうか?

そこで今回、大ヒット漫画の呪術廻戦から「芥見下々先生の、ここが天才!!」というみんなの意見をまとめてみました。

 

 

芥見下々先生のここが天才! 厳選7選 

「キャラクターが魅力的」「話が面白い」など、芥見下々先生の天才ぶりは作品にどのように表れているのでしょうか?

そこで、芥見下々先生の天才ぶりを厳選7選でご紹介していきます(^^)/

 

①キャラクターが魅力的

 

 

 

 

 

 

芥見下々先生が天才と言われる理由の一つに、キャラクターが魅力的であることが挙げられます。

主人公の虎杖悠仁は前向きな性格でみんなを守るキャラクター性や、東堂葵は肉体系キャラクターながらも、虎杖悠仁を「ブラザー」と呼ぶピュアな一面など、それぞれのキャラクターに魅力を感じてしまいます。

呪霊同時ののやり取りも、どこか愛嬌を感じてしまうところも魅力的ですね。

 

②ストーリの展開

 

 

 

 

 

呪術廻戦は京都姉妹校交流戦のエピソードなど、予測不能な展開が作品を面白くしています。

また、呪力と頭脳を使った白熱のバトルシーンやストーリーのテンポなどもこの作品を面白くしているといえます。

 

③話の伏線

 

 

 

 

 

呪術廻戦には多くの伏線が仕組まれています。

例えば、「虎杖悠仁の正体が六眼でもわからない」「宿儺が伏黒を気に入っている理由」「内通者の存在」など、数えればきりがないくらい多くの伏線が存在します。

このような仕組まれた伏線が今後の展開を想像させ、作品を面白くしているのです。

 

④読者の感情を揺さぶる

 

 

 

 

呪術廻戦に登場するキャラクターはみんな個性的です。そして、様々なバックグランドが存在します。

作品ではそれぞれのキャラクターたちの事情や過去を複雑にしながら、キャラクターたちをうまく立てているので読者が感情移入をしてしまうのです。

そのため、作品を楽しく読むことができるのです。

 

⑤キャラクターたちのセリフ

 

 

 

 

 

芥見下々先生はブリーチに学んだと言っていますが、登場キャラクターたちは多くの名セリフを残しています。

例えば、虎杖悠仁の「自分が死ぬときのことは分からんけど生き様で後悔はしたくない」「俺ナナミンの分までちゃんと苦しむよ」など。

セリフの中の一言に多くの考えや思いが込められているため、それが読者をひきつけているのです。

 

⑥話の設定

 

 

 

 

呪術廻戦は、「呪い」「呪術師」「術式」「呪物」「領域展開」など、この作品ならではの独特の設定があります。

この独特の設定が緻密でリアル感を生み出し、作品を面白くしているのです。

 

⑦ハンターハンターやブリーチなどのオマージュ

 

 

呪術廻戦はよく「ハンターハンターとブリーチを足して2で割った感じ」と言われています。

「領域展開」はブリーチの「卍解」に似ていたり、作風もハンターハンターに似ています。

そこに芥見下々先生自身のオリジナル要素を加えることで、面白い作品に仕上がっているのでしょう。

 

芥見下々先生についてのまとめ

以上、芥見下々先生の天才ぶりについてまとめてみました。

芥見下々先生が描く作品にはキャラクターの魅力やストーリの展開など、多くの点で天才ぶりが見られます。

芥見下々先生はまだ29歳と漫画家として若いので、今後も面白い作品を生み出していくことに期待したいですね。また、今後の呪術廻戦にも期待しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました