edmのバーバパパとkakeruとは何者?関係性について調査

edmのバーバパパとkakeruとは何者で関係性について調査 エンターテイメント
edmのバーバパパとkakeruとは何者で関係性について調査

バーバパパ(youtube)は、EDMと3DCGで動画作品を投稿するyoutuberです。

EDMとは何で、バーバパパ(youtube)のEDMを使ったおすすめ動画作品にはどのようなものがあるのでしょうか?

またバーバパパ(youtube)について調べるとkakeruという名前が出てきますが、どんな関係なのでしょうか?

そこで今回、バーバパパ(youtube)とkakeruとの関係性やEDMについてまとめてみました。

 

 

バーバパパ(youtube)とkakeruとの関係は?一体何者?

バーバパパ(youtube)について調べていると、kakeruという名前が・・・。

一体、バーバパパ(youtube)とkakeruとはどんな関係なのでしょうか? kakeruとは、バーバパパ(youtube)の本名なのでしょうか?

 

バーバパパ(youtube)とkakeruとの関係性について調べてみると、どうやらバーバパパ(youtube)はkakeruという別名義でアルバムなどの配信活動を行っているみたいです。

 

そして、多くのファンはバーバパパ(youtube)とkakeruが同一人物であることをご存じのようです。

 

 

 

バーバパパ(youtube)は、amazonでアルバムを販売しています。

「ヴィエ」「田舎でよく聞く鳥の鳴き声をEDMにしました」「思い出してEDMにしました」などの代表作品が1曲100円。全15曲なら1,000円で販売されています。

購入したユーザーからの評判はよく、高い評価を受けているみたいです。

アマゾンで「アルバム初投稿です」を購入する

 

 

バーバパパ(youtube)が動画作品で使うEDMとは?

おそらく、バーバパパ(youtube)がきっかけでEDMを初めて知ったという人も多いのではないでしょうか?

ケン
ケン

私は、バーバパパ(youtube)がきっかけでEDMを初めて知りました

バーバパパ(youtube)が使用するEDMについてや、EDMを使ったおすすめ動画作品についてご紹介します。

 

バーバパパ(youtube)が使っているEDMとは?

バーバパパ(youtube)が動画作品で使用するEDMとは一体、どんなものなのでしょうか?

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)とは、シンセサイザーやシーケンサーで制作された音楽ジャンルの一種になります。

バーバパパ(youtube)は、EDMと3DCGを用いて動画作品を投稿するyoutuberです。

また、バーバパパ(youtube)が2017年12月に投稿した動画作品のタイトルには「初投稿です。高校生がサビで盛り上がるダンスミュージックを作ってみた(自作曲EDM)」とあります。

中学生くらいからEDMでいろいろな作品を作っていたのかもしれませんね。

 

EDMを使ったバーバパパ(youtube)のおすすめ動画作品

EDMを使ったバーバパパ(youtube)のおすすめ動画作品には、

・ヴィエ

・東芝がサザエさんのスポンサーを下りてしまった時あるある(ドラムンベース仕立て)

・やや左側にかたよった教育番組

があります。

「ヴィエ」は、バーバパパ(youtube)の代名詞ともいえる動画作品。不気味で怖いですが、中毒性が高く何度も見てしまいます。そして、あのヒカキンさんが「ヴィエヒカキン.ver」として、ヴィエをカバーしています。

「東芝がサザエさんのスポンサーを下りてしまった時あるある(ドラムンベース仕立て)」は、エンディング曲をバーバパパ(youtube)がリメイクしたような動画作品になっています。

「やや左側にかたよった教育番組」は、お兄さんやかつてお姉さんだった者が登場します。イントロ口調が強く、こちらもクセがつよい動画作品となっています。

 

これらのおすすめ動画作品については、バーバパパ【youtube】とは何者?収入はいくらでどんな顔?で詳しくご紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!!

 

 

バーバパパ(youtube)のkakeruとの関係やEDMについてのまとめ

以上、バーバパパのkakeruとの関係性やEDMについてまとめてみました。

kakeruはバーバパパ(youtube)本人の別名義で、アルバムなどの配信活動を行うときに使っている名義のようです。

バーバパパ(youtube)はEDMを使用して動画作品を投稿していますが、EDMは音楽ジャンルの一種になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました