親ガチャ当たりの勝ち組とは?子ガチャやリセマラなどの意味についても

親ガチャ当たりの勝ち組とは?子ガチャやリセマラなどの意味についても エンターテイメント
親ガチャ当たりの勝ち組とは?子ガチャやリセマラなどの意味についても

最近よく耳にするようになった親ガチャ。若者の間で共感されているようです。

親ガチャに失敗や親ガチャハズレと嘆く若者がいる一方、親ガチャ当たり勢の勝ち組も存在するようです。

また、親ガチャとセットで使われる「リセマラ」とはどんな意味なのでしょうか?そして、子ガチャという言葉につても。

そこで今回、親ガチャ当たりの勝ち組についてやリセマラ・子ガチャの意味についてまとめてみました。

 

 

親ガチャ当たり勢は人生勝ち組

親ガチャ当たり勢は人生勝ち組

親ガチャ当たり勢は人生勝ち組

親ガチャ当たりの勝ち組は、「自分の親は、何でも好きにさせてくれた」「実家は金持ちだった」「かわいがられて育てられた」と思っているようです。

また、「日本に生まれたので親ガチャは当たり」と思っている人もいます。

親ガチャに当たりの人は、恵まれた環境で人生を送ることができます。そのため親ガチャに失敗した人やハズレた人に比べると、成功するまでの条件が有利になります。

 

親の裕福さと子どもの学歴には相関関係があります。

親ガチャに当たりの勝ち組は条件のよい大学に進学をすることができるため、将来は裕福になる傾向にあるそうです。

 

親ガチャに対して子ガチャという言葉も

親ガチャという言葉に対し、親の立場から「どんな子どもが生まれてくるのか選べない」という意味で子ガチャという言葉が存在します。

 

子ガチャという言葉に対してネットでは、

・常識的に考えれば子ガチャはありえない。親が子供をどう育てるか決められるんだから。

・子ガチャなんて存在しない。自分たちの遺伝子でしかないし、育て方も環境も親の責任。

・親は最初からハズレとてわかっているどけ、両親から生まれさせられた子どもの身になれよ。

・理想の家庭を夢見る私とダンナの意志だけで産まれてきたんだから、子ガチャはない。授かる子は五体満足とは限らないし発達障害かもしれないし、それでも親は覚悟を決める義務がある。

と反対の声があります。

 

しかしその一方で、

・同じ育て方しても片方はダメな子どもに育ち、片方は有能な子どもに育つ例もあるから子ガチャもある。

・自分はFラン大学のニートだけど、妹は医学部行ってるから子ガチャもある。

という声もあります。

 

親ガチャという言葉にしてNEWSの小山は嫌悪感

9月9日に放送された「バラいろダンディ」に出演した「NEWS」の小山慶一郎さんは、親ガチャに対して「なんか、嫌な言葉ですね・・・。親が聞いたら、ショック受けるよね・・・」と嫌悪感を示しました。

これに対してネットでは、

 

 

 

 

 

来海(@krkr_marine)さん | Twitter
来海 (@krkr_marine)さんの最新ツイート。えっ⁉️今からでも入れる現場があるんですか⁉️

 

 

と、小山慶一郎さんの意見に反対する声や、賛成する声があります。

 

親ガチャにリセマラはない

親ガチャという言葉と一緒に、リセマラという言葉がよく使われているようです。

リセマラとはリセットマラソンの略語で、当たりが出るまでゲームをリセットするという意味です。

 

「親ガチャ」「リセマラ」という言葉に対し、ネットでは

 

https://twitter.com/akachan_gussuri/status/1438280089440034820?s=20

 

 

 

「人生にリセマラはない」「何人も付き合ってリセマラで失敗した」「親ガチャにリセマラはないし、選べない」などといった意見があります。

 

 

親ガチャ当たりの勝ち組や子ガチャ・リセマラについてのまとめ

以上、親ガチャ当たりの勝ち組や子ガチャ・リセマラについてまとめてみました。

親ガチャ当たりの勝ち組は、人生で成功するまでの条件が有利です。

子ガチャという言葉に対し、ネットでは賛成する声と反対する声があります。

親ガチャにリセマラはありません。

親ガチャという言葉に対し、小山慶一郎さんは嫌悪感を示しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました